カテゴリ:Hikari NOW!( 1929 )

門松

c0049825_1334094.jpg

門松
今年はシンプルに

6日のうちに一度取り外し、初釜前に今度は竹に窓を開けて花を飾ります
by soukou-suzuki | 2019-01-07 01:33 | Hikari NOW!

ゆっくりと

c0049825_1294898.jpg

新年はゆっくりしました

揉みほぐしに通い
賀状をゆっくり書いて

クリスマスのシュトーレンの残りもお茶うけに

この日の茶碗は

黒は大樋
赤は玉藻

お茶は万暦の昔 伊藤園

賀状の宛名は吉森が頑張ったので、私は書き初めの代わりに今年の月謝袋を書きました
by soukou-suzuki | 2019-01-07 01:29 | Hikari NOW!

浜離宮恩賜庭園

c0049825_1217214.jpg

12月15日
浜離宮恩賜庭園の芳梅亭の茶会に招かれ、冬陽まぶしい朝の松を眺めました
久しぶりの浜離宮
変わらずにそこに在り
周囲の変化を慣用に受け止める
かくありたし
by soukou-suzuki | 2018-12-17 12:17 | Hikari NOW!

記念写真

c0049825_2359246.jpg

2018.10.28
靖国神社、洗心亭での秋の小寄茶会
松浦社中、吉森社中の合同茶会の集合写真が出来た

何度目の茶会だろう
何枚目の集合写真だろう…

歳々年々人不同

師匠、松浦宗靖の心意気がそのまま写し出されているようなこの写真

横浜の石川写真館さんとの付き合いもいく年月…
お父さんの髪が白くなり
息子さんのリードに代わっても
変わらず親子で来てくれる

社中の定点観測所
by soukou-suzuki | 2018-12-14 23:59 | Hikari NOW!

紀尾井町の稽古場

c0049825_23512882.jpg

今年は紅葉が遅めで師走半ばもまだ艶やかな紅葉が見られる

清水谷の稽古の日
窓から緋色を眺める

見学者が二人見えた日
佇まいの素敵な方たちだったなあと思い出す

交わした言葉を租借しながら
炉の炭をなおす

ご縁が繋がれば嬉しいな

清水谷の稽古は一時は飽和状態になりかけたが
自然と何人かが星霜軒の稽古に移り

いまは昼間に少しゆとりがある
清水谷の昼間は本当にいい…
十一年、四季折々のここに居続けてしまった

新しい出逢いは
新しい茶味への扉

ちいさなきっかけで
お茶の創造性はなんと広がることか
by soukou-suzuki | 2018-12-14 23:51 | Hikari NOW!

ひいか

c0049825_2335297.jpg

ガラスの羽根を持つのはだあれ?
ひいかの軟骨がこんなに美しいとは…

世紀の大発見をした気分の夜
by soukou-suzuki | 2018-12-14 23:35 | Hikari NOW!

味噌松風

c0049825_23315954.jpg

味噌松風のお土産で夜更けの一服を

茶会を飾った竹林図の茶碗
牡羊座の神話を写す茶碗

外は寒かろう

師走はなにかと気忙しい
でも暮らしに根付いた喫茶習慣は減ることはない

前にお茶を頂いたのが
いつだったかと手繰ることはないほど、日々さいさい
喫茶は完全に暮らしの習慣となった

味噌松風の気張らなさ
芥子粒が語りかけてる
さりげなさが嬉しい

土産に味噌松風をもらうようになった五十の極月
by soukou-suzuki | 2018-12-14 23:31 | Hikari NOW!

12月2日半世紀茶会

c0049825_22352473.jpg

明後日となりました
50歳の節目のご挨拶に
育った町、上野毛の五島美術館にて釜をかけます

富士見亭にて濃茶席を
古経楼にて薄茶席、香煎席を

先祖、先達、伴侶に思いを馳せながら
by soukou-suzuki | 2018-11-30 22:35 | Hikari NOW!

吉森智浩43歳

c0049825_22303877.jpg

2018年11月28日
吉森がまたひとつ年を重ねました
本当にありがたいことだと感じます
皆様のご厚情に感謝申し上げます

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1900371193414208&id=100003240384412
by soukou-suzuki | 2018-11-30 22:30 | Hikari NOW!

今夜の月

c0049825_2574100.jpg

花びらのようなむら雲を纏う月

ありがとう
by soukou-suzuki | 2018-10-23 02:57 | Hikari NOW!