ゆらめき茶会

c0049825_22461858.jpg

第35回目となる星霜軒(せいそうけん)の月釜茶会
Thank-youをかけて感謝の

風光る春、万象ゆらめく時期に相応しいしつらいで『ゆらめき茶会』いたします

どなた様もお気軽にご参加いただけます

※さくら🌸を待つ心地に、一足早い春爛漫の演芸席をご用意しました✨

社中ルーキーの二人による、お琴と日舞のプレゼントあり
外国人のお友だちをお誘いするのにぴったりの茶会です✨

⏹️時間⏹️
第1席 11時~ 所要時間80分程度
第2席 13時~
第3席 15時~

⏹️人数 各回13人⏹️

⏹️会費4000円 学生以下3000
(寄り付き、薄茶席、お楽しみ席、お土産)

⏹️申し込み⏹️
このイベントに投稿で、希望時間をおしらせください
こちらからの返信をもって受付いたします
先着順、満席になり次第、受付終了


# by soukou-suzuki | 2019-02-13 22:46 | Hikari NOW!

花散里の茶事

c0049825_22435938.jpg

第36回目の月釜✨
4月6日(土)12時~4時 10名
4月7日(日)12時~4時 10名
※15分前までにいらしてください

🌸星霜軒の月釜で行う初めての茶事🌸
『源氏物語』に出てくる”花散里”を趣向に取り上げて、春のやさしいお茶事をいたします
お気軽に茶事を体験いただけます

11時30~45分 受付
11時45分~寄り付きで香煎
12時~露地から席入り
立礼(イス席)で懐石の昼食
13時15分~菓子の後、記念撮影
中立(休憩20分)
14時半~後入(別露地より席入)
濃茶・薄茶(続き薄茶の点前)
16時 終了予定

⭕会費 税込10000円/子供8000円
⭕先着順、満席になり次第受付終了
⭕お申し込みは投稿で『希望日と人数』を書き込んでください
⭕初めての方は事前振込をお願いします

⭕川崎市麻生区栗木台4-10-9星霜軒
小田急多摩線 栗平駅~歩10分
京王相模原線 若葉台駅~タクシー5分

■申し込み
先着順
ご希望を「第○席に○名」と投稿してください
こちらからの返信をもって受付とします

facebookページはこちら

星霜軒ウェブサイトからもお申込みをお待ちしております。お気軽にお申込みください。
ご返信差し上げます。

ご希望の時間と人数をお書き下さい。

星霜軒ウェブサイトからのお申込みはこちら

●●会費は当日、封筒に記名してお持ちください。●●

※省略形でしますので、お茶を稽古されていない方も、正座が苦手な方も、恐れず茶事の楽しさを味わっていただけます

是非、星霜軒の茶事をお楽しみください

『お茶事を経験したいけれど、一人ではどうしてよいか分からなくて不安』
『茶室で懐石料理を食べてみたいけど正座が無理』
『着物がない』
『夫婦や親子で楽しめる日にしたい』
など、これまでの茶事への障壁をなくし、お茶をより深く自然に楽しむ手がかりになる会です!

新しい一歩を✨
# by soukou-suzuki | 2019-02-13 22:43 | Hikari NOW!

かまくら月釜

c0049825_1561338.jpg

鎌倉の浄明寺近くにひっそり佇む
『一条恵観山荘』での季節の茶会

2019年から毎月、星霜軒が月釜をさせて頂きます

✨日程
1月26日 11時、13時、15時
2月23日 11時、13時、15時
3月23日 11時、13時、15時
4月20日 11時、13時、15時
 まで決定、現在受付中✨

問い合わせ 0467-53-7900
※申込、空席状況ふくめ、山荘事務局へ
 直接、問い合わせお願いいたします

~かまくら月釜の開催にあたって~
        星霜軒庵主 吉森

後陽成天皇代九皇子で、二期の摂政・関白を勤めた一条恵観公が、京都の西加茂に1646年に建立された、文化サロンの為の茶屋であった恵観山荘…

『桂離宮』に並ぶ朝廷文化の遺構を飛び石や枯山水ごと鎌倉へ移築され国指定重要文化財となり
いまもなお、文化人の心安らげる聖地として静かに息づいています

星霜軒とは三年のご縁をいただき
その間、保存会会員向け茶会を複数回重ねて来ましたが
この度は広くこのユートピアを知って頂き文化財の保護と山荘や茶室郡の活性化への一助となれればとの思いから

毎月の『かまくら月釜』の開催依頼を頂戴いたしました

私たちの聖地であり礼拝堂でもある茶室が星霜軒ですが
関東エリアの茶人のみならず文化人の共有の宝であり聖地である恵観山荘を
さらに多くの方々にご紹介して
力を重ねて守って行けたら嬉しいです

私たちの物語の茶会と
ひたすら美味しくと願う一碗に
優しいお心を持ち寄って
しばしお付き合い賜れれば

それこそが現代の文化サロンの実践であり
寛永文化の継承にもなろうかと存じます

どうぞ鎌倉へ
星霜軒の物語の世界へ
お運びくださいませ

詳細はご案内を画像にて掲載しました
お申し込みや、空席状況は
直接、主催である山荘事務局まで
お問い合わせください

私たちの茶席です
お気軽に
あなた様の大切な方を安心して
お誘いください
おめもじを楽しみにしています✨

暮らしは仕事
仕事が暮らし

#一条恵観山荘
#かまくら月釜
#星霜軒
#毎月開催
#どなたでも参加できる茶会
# by soukou-suzuki | 2019-01-26 01:56 | Hikari NOW!

門松

c0049825_1334094.jpg

門松
今年はシンプルに

6日のうちに一度取り外し、初釜前に今度は竹に窓を開けて花を飾ります
# by soukou-suzuki | 2019-01-07 01:33 | Hikari NOW!

ゆっくりと

c0049825_1294898.jpg

新年はゆっくりしました

揉みほぐしに通い
賀状をゆっくり書いて

クリスマスのシュトーレンの残りもお茶うけに

この日の茶碗は

黒は大樋
赤は玉藻

お茶は万暦の昔 伊藤園

賀状の宛名は吉森が頑張ったので、私は書き初めの代わりに今年の月謝袋を書きました
# by soukou-suzuki | 2019-01-07 01:29 | Hikari NOW!

浜離宮恩賜庭園

c0049825_1217214.jpg

12月15日
浜離宮恩賜庭園の芳梅亭の茶会に招かれ、冬陽まぶしい朝の松を眺めました
久しぶりの浜離宮
変わらずにそこに在り
周囲の変化を慣用に受け止める
かくありたし
# by soukou-suzuki | 2018-12-17 12:17 | Hikari NOW!

記念写真

c0049825_2359246.jpg

2018.10.28
靖国神社、洗心亭での秋の小寄茶会
松浦社中、吉森社中の合同茶会の集合写真が出来た

何度目の茶会だろう
何枚目の集合写真だろう…

歳々年々人不同

師匠、松浦宗靖の心意気がそのまま写し出されているようなこの写真

横浜の石川写真館さんとの付き合いもいく年月…
お父さんの髪が白くなり
息子さんのリードに代わっても
変わらず親子で来てくれる

社中の定点観測所
# by soukou-suzuki | 2018-12-14 23:59 | Hikari NOW!

紀尾井町の稽古場

c0049825_23512882.jpg

今年は紅葉が遅めで師走半ばもまだ艶やかな紅葉が見られる

清水谷の稽古の日
窓から緋色を眺める

見学者が二人見えた日
佇まいの素敵な方たちだったなあと思い出す

交わした言葉を租借しながら
炉の炭をなおす

ご縁が繋がれば嬉しいな

清水谷の稽古は一時は飽和状態になりかけたが
自然と何人かが星霜軒の稽古に移り

いまは昼間に少しゆとりがある
清水谷の昼間は本当にいい…
十一年、四季折々のここに居続けてしまった

新しい出逢いは
新しい茶味への扉

ちいさなきっかけで
お茶の創造性はなんと広がることか
# by soukou-suzuki | 2018-12-14 23:51 | Hikari NOW!

ひいか

c0049825_2335297.jpg

ガラスの羽根を持つのはだあれ?
ひいかの軟骨がこんなに美しいとは…

世紀の大発見をした気分の夜
# by soukou-suzuki | 2018-12-14 23:35 | Hikari NOW!

味噌松風

c0049825_23315954.jpg

味噌松風のお土産で夜更けの一服を

茶会を飾った竹林図の茶碗
牡羊座の神話を写す茶碗

外は寒かろう

師走はなにかと気忙しい
でも暮らしに根付いた喫茶習慣は減ることはない

前にお茶を頂いたのが
いつだったかと手繰ることはないほど、日々さいさい
喫茶は完全に暮らしの習慣となった

味噌松風の気張らなさ
芥子粒が語りかけてる
さりげなさが嬉しい

土産に味噌松風をもらうようになった五十の極月
# by soukou-suzuki | 2018-12-14 23:31 | Hikari NOW!