Go縁とパッション!申込み受付中!ヽ(´▽`)/

c0049825_02583771.jpg

c0049825_02584850.jpg

c0049825_02585714.jpg


青年部・学生交流会。
題して「Go縁とパッション!」
9月20日、日曜日。永田町の星陵会館にて。

高山茶筅師の第二十代谷村丹後氏、書家で墨アーティストと呼ばれる海老原露巌氏を招き、魂(想い)を込めるとは何か、情熱とは何かを学びます。

万楽堂店主、穴井正人氏による、実践的な箱の紐結び教室や、参加者が直接対話するグループ討議、もちろんウェルカム茶席や、互いに団らんしながらたてあうグループ呈茶カフェもあります。

また、大学別、青年部別の展示室もあり、青年茶人の出逢いと再会、友情の舞台となる行事。

参加費は破格の1000円。
他ブロック、青年部会員以外でもどなたでも参加できます。
ただし事前申込みが必要。

一次〆切は八月末。
詳しくは、関東第一ブロックホームページへ。

http://kantou1.com


# by soukou-suzuki | 2015-08-15 02:49 | 計画中

情熱のトマト肉じゃが

c0049825_02421488.jpg

麹町の小部屋で明日の行事に備える夜半。
やはり落ち着くにはおうちご飯が一番。

夏の定番は、トマト肉じゃが。
酸味と赤さが適度な刺激と安らぎに。

c0049825_02421629.jpg

ご飯は、とうもろこしの炊き込みご飯。
新鮮なコーンを一本まるごと。

甘くて歯触りがよくて、もぐもぐ、いけます!

明日はたくさんの若い方に、お茶の佳さを伝えられたらな。

アメリカからハーバードの学生を、また彼らを世話する日本人大学生を、百人迎えての茶道体験。

早いもので、三年目となりました。
毎回、質疑応答の時間はスリリングなライブセッション♪
音楽のように共鳴できたら最高。(*´-`)
# by soukou-suzuki | 2015-08-12 02:35 | おうちごはん

ご縁と情熱で…

c0049825_07113746.jpg

庭を茶庭にすべく、露地を計画中です。
c0049825_07114799.jpg


夢と情熱はありますが、これまで作庭とのご縁がなく、石材にこだわる資金がありません。

貴庭に、不要な蹲石、踏み石、燈籠などありましたらお譲りくださいませ。(*´-`)
# by soukou-suzuki | 2015-08-09 07:03 | Hikari NOW!

杏仁豆腐の思い出

c0049825_06561372.jpg


自家製杏仁豆腐をときどき家人が作ってくれます。

夏休みの自由研究に、今日は私も作り方を教わりました。

まず、杏仁豆腐といえば、エピソードは洋子母がいた頃に遡ります。

またそれ以前に、吉森正人父の立教大での恩師に、中川先生と呼ばれる、父に多大な影響を与えた人物が居たことにも繋がります。

宇宙と物理に夢を描いた正人青年は、敬愛する恩師、中川先生が持参するお弁当のおかずにまで憧れを持ちました。
牛肉と大根の煮付けがしばしば登場したようです。
これが忘れられず、好物となり、また恩師への郷愁から、晩年までこのメニューを愛し、たびたびリクエストしたため、吉森家では永年、この牛肉と大根の煮付けのことを「中川先生」と呼び慣わしていました。

そして、正人父か亡くなった今も、私たちの間で「中川先生」の呼称は生きています。

さてその中川先生が亡くなり、先生の奥さまがホームにいらした頃、洋子母と息子智浩が訪ねたことがあり、その時に奥さまが、ホームの自室で来客に備え、手製の杏仁豆腐を作り、フルーツポンチにして大鉢で振る舞ってくださったそうです。

その饗応は少年の心をうちました。

またその際、明治生まれだった中川先生は、生前、杏仁を「あんにん」ではなく、「きょうにん」と漢方の読み方で呼んでいたエピソードを聞き、少年智浩の心にも中川先生の人柄が鮮烈に残ったのでしょう。

今日はキッチンに並んで杏仁豆腐の作りながら、牛乳を混ぜる白いボウルの中に故人たちの記憶を投影し、微笑みながら語りました。

父の恩師への思慕と、その人格を支えていただろう夫人の手料理。
味と人格は、愛情と信頼のように、二重螺旋の鎖を形成していくのでしょうか。

日常の鍋やボウルや器の中に、繰り返し投影され、回顧される人物たち…

私の心にまで届いた、中川夫妻の絆と、師弟の絆、さらに吉森の両親の絆とが、味とレシピにより、私たちにも届きました。
二人が同じように味の絆でも繋がれていきますように。
掛け算みたいで覚えやすいレシピをメモしておきましょ。(*´-`)



杏仁豆腐のレシピ

粉寒天4グラム
砂糖50グラム
水200CC
を鍋で煮とかす(寒天は106度で溶けます)

杏仁霜 大さじ2
牛乳400CC
をボウルで少しずつ丁寧に溶かし混ぜる

鍋の火を止め、ボウルから注ぎいれよく混ぜる

流し缶(型)に移し、水せんであら熱を取りながら、キッチンペーパーのこよりなどで表面の泡を吸いとらせて整え、冷蔵庫で冷やし固める

切ってフルーツ缶などと和えて盛り付ける

ね、
4×50=200
200×2=400…私でも覚えちゃう
材料の数値まで連鎖していくようですね(笑)
# by soukou-suzuki | 2015-08-09 06:09 | おうちおやつ

三年経ちました

手術から三年、経ちました。
検診後にオーバカナル、いつもの席で遅いランチを。

日常に感謝。
c0049825_02230594.jpg

c0049825_02230803.jpg


c0049825_02231218.jpg


可愛いカフェオレ、いつものギャルソンから。

c0049825_02231672.jpg

なぜか、私のは…変でしょ、これ。(-_-;)

# by soukou-suzuki | 2015-08-09 02:17 | Hikari NOW!

二人で歩きましょう

c0049825_02164775.jpg


左は私のヘレン・カミンスキー、天然ラフィア製。

で、家人にも帽子を!

OVERRIDEのパナマ。
こちらも天然素材の佳さに惹かれました。

シンプルでつばが広く、リボンが取り外せるのを探したら、ようやく見つけました!
が、なんと取り外せるだけでなく、リボンが6色、着せ替え付きでした。(*´-`)

ますます家人向けかも。

しかも星霜軒カラーのトルコブルーも♪
# by soukou-suzuki | 2015-08-09 02:08 | 私のお気に入り

お気に入り

c0049825_02083452.jpg


この夏のお買い物。(*´-`)

いままでより遠くまで歩いて行けそう。
ヘレン・カミンスキーの帽子と、ビルケン・シュトックのスニーカーと、サンダルの名前はバリ。
頭から、足の先までお世話になります。
家人に、有り難う♪

# by soukou-suzuki | 2015-08-09 02:00 | 私のお気に入り

茸道

c0049825_21123917.jpg


山荘に尽きぬ自然のミステリー ひかり
# by soukou-suzuki | 2015-07-17 21:12 | Hikari NOW!

御代田にて

c0049825_2110263.jpg


桃ひとつあれば豊かや老子読む ひかり
# by soukou-suzuki | 2015-07-17 21:10 | Hikari NOW!

辻村塊さんの個展

銀座のギャラリー 一穂堂にて。

辻村塊さんの個展にいきました。

c0049825_331286.jpg

↑真ん中が塊さん。
c0049825_334078.jpg

↑吉森と。

大きな大きな手の塊さん。
少し茶色の目や、よくお日様を浴びた肌。
陶肌でなく地肌に注目していた訳ではありませんが、作品が魅力的な人は、お人も素敵です。

やはり、伊賀焼と粉引に惹かれて…ぽちっと、丸いシール、貼り付けてきました。(^_^;)

伊賀焼の、オレンジ色のお日様を浴びた土の色に、メキシコの砂漠を思い出したり、釉薬が翡翠色のジュエリーのように、苔清水を魔法で固めたように輝き、さらに雨雲みたいに厚みのある複雑なむらが続いたと思えばまた砂漠…、目がずーっと茶碗の表面を漂い続けます。

辻村塊さん、一穂堂の青野さん、楽しい語らいの時間と、自然を固めた宝石のような一碗との出会いを、有り難うございます。(*´-`)
# by soukou-suzuki | 2015-06-07 03:01 | Hikari NOW!