<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

小さいパリみぃつけた♪

c0049825_18354296.jpg

日本橋人形町の路地に、ちぃさいパリみぃつけた。
シェ・アンドレ ドゥ・サクレクール。

ご両親がモンマルトルでカフェを営んでいたという、目の美しいマダムの店。

カフェオレ一杯の私にテラス際の小テーブルと寛ぎをくれた。
気をよくしてスイーツも。
一人の客に気を配れるパリの粋をそなえている。
コース料理をなしで、アラカルトのみのビストロ的カフェ。
ファーブルトン(生地かモチモチのプルーン入りケーキ)と牛乳三分の二のカフェオレで、時間外仕事までの時間潰しの30分がモンマルトルの一人歩きに変身。

人生、悪いことばかりじゃない。少し疲れていた心をそっと撫でる。
優れたカフェは、一杯の温かい飲み物で人を幸せにする。
逆もあり。
東京は逆が多い。
カフェは糾える禍福の如し。

好きな人と来たい店を見つけることはすなわち幸せ。
by soukou-suzuki | 2011-09-30 18:35 | Hikari NOW!

ブロックコンファレンス2011て

c0049825_23142657.jpg

吉祥寺の亀屋万年堂の長野先生に、「虹」をお菓子にしていただきました。
かんごおり五種を薄く細く伸ばして密着させてからアーチ型に曲げています。

お膝の上で撮影。
萩のひとえを着ました。
by soukou-suzuki | 2011-09-22 23:14 | Hikari NOW!

長刀鉾の夜明け。

c0049825_7453255.jpg

携帯の保存フォルダがパンクして、新しいメールが起こせなくなってしまった。慌てて整理していたら、7月の祇園祭の記事が書きかけで出てきました。
7月がとても遠い日のよう…。
でもカクテルみたいな空色は覚えています。写真にはならない色。



山鉾巡行の日の夜明け前、深夜までの祭り騒ぎから、ほんのひととき四条が鎮まる瞬間。
鉾たちも闇に紛れて存在を潜めている。
近寄れば守衛を左右に置く鉾も、仁王様は両者ともに爆睡中という鉾もあり…。(笑)
興奮と興奮の狭間の息継ぎのような時間。
終章へ移る前の白いページのような余白。
交差点近いオフィスビルの庇したには通常は路上生活でない観光客が膝に額を埋めて仮眠している。
コンビニストアはガランとして極端な品薄。
街はゴミと空き瓶空き缶プラスチック容器が散乱しすえた匂いにむせる場所も稀にある。見慣れぬ四条。

東と北に伸びる通りの空から柔らかい涼やかなグラデーションに染め上げられる。
ブルーとオレンジの「あわい」になぜか白。
ビルの狭間に切り取られたレクタングルな空が、細長いグラスに注いだカクテルみたい。

4時半。長刀鉾の周りだけは、すでに数名のカメラマンがいた。
夜明けの長刀鉾はことさら美しい。
日が上れば巡行、そして数時間後には解体され、また長い眠りにつく鉾。
今日の勇姿をしかと見届けたい。
by soukou-suzuki | 2011-09-15 07:45 | Hikari NOW!

執筆依頼。

c0049825_12385892.jpg

日経ビジネスアソシエの8月号を見て…と、産労総合研究所が出す「企業と人材」から執筆依頼がきた。
私のターニングポイントという題の巻頭エッセイに掲載いただくそうです。

私のターニングポイントの年は…あ、これは読んでのお楽しみに。
「企業と人材」、昭和43年第3種郵便認可。vol.44だが、No.982とある。相当な歴史を感じる。
歳近いな〜(笑)
by soukou-suzuki | 2011-09-14 12:38 | Hikari NOW!

ロールキャベツ。

c0049825_12332790.jpg

北海道から来たキャベツで、ロールキャベツを楽しむ。
おうちご飯。
by soukou-suzuki | 2011-09-14 12:33 | Hikari NOW!

皇居で草上の昼食を。

c0049825_853583.jpg

9月ある日。
忙しさと忙しさ。いそがしさと、せわしさ。同じ字で同じ送り仮名、ついでに同じ意味。
なのに重ねていいたくなるようなある日。
お昼休みを「余白」にしたくて、一番近いお店でお弁当を買ってビルの外に飛び出した。
皇居外苑。
手入れされた松の木は、根元の際まで芝が生えている。
しなやかで少し冷たい芝の上で、松の木に寄りかかり無心にお弁当を食べる。
無心すぎる私の目の焦点が合っていなくても、一人きり。半径数十メートル内に人がいなければ、互いに気にならない。
杏仁豆腐をオプションにつけたのを思いだし、開ける頃にはようやく人心地。「人」の心が戻ってきた。
頭ばかり使うと心がついていけなくなって空虚になる。心は様々な「余白」にも宿るらしい。
心を取り戻したので、今度はいま抱える忙しさの根源の、真ん中にどーん、と心を据えてみた。
すると絡まり合っている現実の糸はほどけたりしないけど、それぞれの色で見える気がした。
色分けされたコードなら間違わずに抜き差しできそう…。
皇居外苑の緑と、杏仁豆腐の白のコントラストが私の頭を整理するよき半東(はんとう)となってくれたみたい。
by soukou-suzuki | 2011-09-13 08:53 | Hikari NOW!

北の大地の誘惑。

月曜の朝、クール便でキラキラ野菜が届きました。北海道中川郡美深町の友人から。
「初めて野菜を作ってみました。食べてみてください。」と。
生で食べられるトウモロコシと、大きな大きなキャベツ!
そしてゴロゴロコロコロとおジャガの行列……。あああ〜おうちご飯が充実する。
人の顔を連想できる食卓がしばらく続く。あな、嬉し。

ところが月曜の夜は会議三昧です。リアル会議、アフター会議、もひとつ電話会議、さらにメール会議…。
シャワーを浴び終えるまで正気でいるのがやっと。

くたくたになったベッドの上で、ふと、今朝のお野菜を思う。
お腹は空いているけど、これから鍋釜を取りだす元気もなし。
そういえば…「生で食べてみてください」ってメールに書いてあったっけ。

きぃ。
冷蔵庫を開ける。
ぶーーーん。
低いうなりと冷気が、客の居ない薄暗い居酒屋の扉を開けて、奥からお爺さんに「いらっしゃい」と言われた感じ。
お尻がぞくぞくする。
そっと手を伸ばし、「唐黍を、一杯」と親爺に注文。(眠いから頭の中かなり妄想モードです)
「自分で剥いてくんな」とぶっきらぼうに言われる。
しゃこ、しゃこ、と自分で皮を剥く。
ぶちぶちぶち。ひげを毟る。
「ほぅ。」
薄黄色いトウモロコシの粒の一つ一つがわずかな電灯を反射してビーズ細工のよう。ストレートでいただこう。

パリリ!

……。

パリリッ。
!!!!!(覚醒)
パリ、パリ、パリ、パリ。
がぶ、がぶ、がぶ、がぶ、がぶ、がぶ、がぶ。

感想も間奏もないまま完食してしまった!
冷蔵庫の横、流しの前、素手で生トウモロコシを一本、真横に構えた仁王立ちのまま、食べ切ってしまった。
初めての体験。口の周りの粒を払う。
(周囲を見渡す。誰もいない。当たり前だけど、ほっとする。)

きぃ。
再び冷蔵庫を開ける。じっと見つめる先に、くちゃくちゃの新聞紙がある。
古いニュースにくるまれた巨大なキャベツを、そっと両手で取り出す。ずっしりと重い。寝静まっている生き物のようだ。
(空想の中の親爺がジロリとこちらを見て、「ふ」と薄ら笑いする)
「ちょっとだけ貰うわよ」
呟いてみる。

ぺりり。
もぐ。

ぺり。
もぐ。

ぺりぺりぺり。
もぐもぐもぐ。

完食!
……というのは嘘です。
ここで我に帰り、ペティナイフを取り出した。親爺の眼はもう気にならない。
ただキャベツの「ぎゅぎゅっ」と軋む音にドキドキする。
キャベツの一角を切り取り、地球儀を切り取った地殻モデルを見るように中を覗く。襞。影。波模様。水気の匂い…。
地球の一角をウェジウッドのデザートプレートに盛り、友人にもらったハーブソルトを一振りする。
今度は暗いリビングのソファにガウンで横座りのまま、半目を閉じてシャリシャリモグモグを繰り返す。
シュールな気分。

冷たく、みずみずしく、甘く、水となる。口に入れた瞬間の独特の香味、去り際に残す青味。

ああ、至福。お野菜は麻薬。止まらない。
今夜は早く帰って調理を試みたい。ジャガイモも出番を待っている。

なのに帰途はこの時間。
う、う、う。
また妄想してしまいそう。
by soukou-suzuki | 2011-09-06 23:42 | Hikari NOW!

青空。

なんて爽やかな朝!\(^-^)/
深呼吸。
す〜、は〜。
耳の中まで涼しい。

台風が都心にこびりついた「うだり」を一掃した。各地に爪を立てていったのは、これがその台風かと…胸の痛みを覚える。
この世は矛盾と理不尽に満ちているように見える。
「私」という、小さくて、でもかけがえのない視点で、一見して見れば…なのだけれども。
by soukou-suzuki | 2011-09-06 08:54 | Hikari NOW!

ピーナッツ最中

c0049825_23215519.jpg

三越の物産コーナーで見つけたおやつ。ピーナッツの形が可愛い最中。期待に背かず千葉県銘菓。
ピーナッツが美しい造形だと気づいたのは南米を放浪途中。
リマやクスコでインカの黄金秘宝展を見て…。
ちょうどこの最中のように二枚の黄金を打ち出した半身を合わせてネックレスのパーツにしている。
プリミティブ、でもゴージャスでリアル。
王族の装身具にふさわしい存在感。

これが、シャネルで売っていたら流行るだろうかと思った。

あのときのマニ(ピーナッツのこと) ほどではないがかなり可愛い形。

しかも二人並べたら、別の意味でもピーナッツに見えてきたヨ。(^_-)

では「ご一緒に」。

♪ため息のでるよ〜な♪
by soukou-suzuki | 2011-09-05 23:21 | Hikari NOW!

デイゴの花。

c0049825_15275736.jpg

大久保利通公哀悼碑のデイゴが咲き始めました。
by soukou-suzuki | 2011-09-03 15:27 | Hikari NOW!