<   2010年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

もう気付いているかしら…

c0049825_0543520.jpgあなたが、もしも「ひかり通」なら、もう気付いているかしら。
ブログの更新が多い日々は、案外、ストレスや辛さや淋しさを弄んでいるときだってこと…(^^)人が何かするときには理由があるものね。それが案外、見たまんまのときと、正反対のときもある。表裏って、深い。

子供のころ、車酔いして気持ち悪いときに、歌を歌わなかった?
私は車に弱かったから、本当によく「ふんふん」歌って気を紛らわしていた。
歌うのを止めると、すぐに「うっ!」と来ちゃうから、胸が押しつぶされそうな切なさの中で、必死で歌うのです。ああ、思い出すだけでかわいそうな自分…(YY)

…で、これ、何の告白?
ふふふ、不穏なことを書いてごめんなさい。大丈夫です。私がいますぐ押しつぶされそうなわけではないです。

今日はむしろ、「車酔い」している人が、どこかでこのページを見ているような気がして……、あくまでなんとなくですが、そんな気がして……、ほんの少しでも胸の重みが軽くなったらなぁって思いながら書いているのです。

代わりに鼻歌歌っているのです。(^^)

明日は稽古日です。心を洗おう。
by soukou-suzuki | 2010-11-18 00:56 | Hikari NOW!

織部が愛した茶碗

c0049825_21383623.jpgこの秋にみた展示会の一つを紹介。畠山記念館の茶会のおりに、「織部の愛した茶碗」展を見ました。薄暗く、静かで、絨毯張りをスリッパで拝観するので、寝室のような雰囲気で、眠いような、茶室にいるような、時間を忘れるような…ちょっとタイムスリップしやすい場所です。母と。
漫画「へうげもの」のヒットで古田織部人気が急上昇中なのに合わせたように…。
人に興味が出れば、その人が愛するもの(物、者)は同時に気になりますよね。
茶道って、その連鎖に他ならないのです。
そう思っています。
思いを託した道具を駒にして弄ぶ、人間愛のボードゲームと言ったら怒る人がいるかしら。
ゲームを書くと軽ければ、将棋、と言い換えたら…。
大人が真剣に遊んでいる、遊びを闘っている。美しいものは、そういうものです。


c0049825_0305341.jpgc0049825_031812.jpg
c0049825_0312710.jpgc0049825_0314450.jpg

by soukou-suzuki | 2010-11-18 00:36 | 茶味禅味俳味一味

ありがとう、今日も本当にいい日です

c0049825_23595077.jpg今日もたくさんの人が訪問してくださったようです。ありがとう…。(^^)何が楽しみできてくれるのかわかる部分もあり、わからない部分もあり。
でも関われるというのは、そこに何かが生まれる、変化が起きるための条件だから喜ばしいことだと思っています。

写真は、昨晩、東京ドームホテルから駅まであるいた際のイルミネーションです。
観光地に来た気分。あ、観光地なのか!
後楽園から、駅ひとつ、乗り換えてあと2つで我が家。以前より近くなった東京ドームです。最近は野球もライブも行っていないなぁ。
ダイアナ・ロス、ビリー・ジョエル、エルトン・ジョン…そうか、パワー不足はライブ不足かな。
あ、ラクーア…、こちらも最近行っていないなぁ。
長話、よもやま話するには最適の、「究極の喫茶店」こそラクーアだと思う。喫茶店のメニューをエスカレートさせていったら、私的には、「湯船」と「マッサージ」がほしい感じがするもん。(^^)
ラクーアも、いくつかの深い思い出がある場所です。
もちろんドームホテルもね。
サマーコンファレンスやフェアウェルパーティー!素晴らしい出会いと熱気を味わった場所です。今年ももうすぐ、11月27日ですね。みなさんに会えるのが楽しみです。
c0049825_022379.jpgc0049825_025598.jpg
by soukou-suzuki | 2010-11-18 00:27 | Hikari NOW!

部屋にオレンジの光

おけさ柿のスタジオ撮影!まずは並べて。次はガラスのテーブル越しに下から…。
c0049825_0301696.jpgc0049825_0311721.jpg

次は積み上げて!その次は寄って…
c0049825_0343163.jpgc0049825_0374865.jpg

柿と遊ぶ、柿ナイト!(本当は、原稿「書かナイト!」締め切り過ぎててこの逃避行動!)
c0049825_0381672.jpgc0049825_0395289.jpg

柿主のイニシャルの「T」をかたどってみました!(^^)V うふふ。
ありがとう、ありがとう、ありがとうーーーーーー!本当にありがとうございました。
by soukou-suzuki | 2010-11-17 00:32 | 私のお気に入り

バカナルのランチ

c0049825_2243248.jpg稽古日のランチを清水谷のオ・バカナルで食べ、稽古後にまた一杯だけ飲みにいったら「お!おかえりなさい!」と三人のギャルソンに言われた。
一緒の人が驚くじゃないね…。
縁ができて3年半か。変わらぬ顔ぶれが嬉しい。
by soukou-suzuki | 2010-11-16 22:04 | Hikari NOW!

ドームホテルのツリー

c0049825_18454849.jpg

2010クリスマスツリー。
東京ドームホテルにて。
by soukou-suzuki | 2010-11-16 18:45 | Hikari NOW!

きたーっ!\(^o^)/

c0049825_232078.jpg佐渡島からクロネコに乗ってきた「おけさ柿」です。
部屋がパッと明るくなりました。19個に見える?
一個はお腹の中だからね…。唯一、一個だけ箱の中で崩れてしまったので、そのまんまつるっといただいてしまいました。

あしながさんは、青年部のサマーコンファレンスで出逢ったT本さん。うっかり引っ越ししたこともお知らせせず…
まだ年を越してないのでどなたにもハガキを出してないのですが、郵便物は転送されても飛脚や猫やペリカンには知らせていないため、いたいけな、おけさちゃんたちに長旅させてしまいました。
反省。(T-T)

そっか〜、むしろこっちだったかあ。(何が?)
でも秋になったから佐渡にハガキ出したら変じゃない〜!
そして今日、落手。

おけさ柿の撮影には覚えがあります。磨くと艶つやに輝く太陽の子達!
ブロックコンファレンスの実行委員みたいに並んだオレンジ色の可愛い子達!

わーい。わーい。

ありがとうございます。合掌。
by soukou-suzuki | 2010-11-15 23:20 | Hikari NOW!

SENGAI

c0049825_21372245.jpgこの秋に見た展覧会などの報告をする暇がありませんでした。
ご招待券をいただき、十月のとある土曜日、出光美術館の仙厓(SENGAI)展へ、心を休めに行きました。

仙厓 生誕260年 
SENAGI  Zen and Humor
2010.09.18-11.03
出光美術館/産経新聞社

気持ちをぎゅーーーんと伸ばしたり、ぎゅっと力を入れてみたり、ふわーーーっと広げてみたり……仙厓に触れることは、私にとって心のスパになります。

「坐禅蛙画賛」も「これくふて茶のめ〇」もゆるきゃら張りの「龍虎画賛」も大好きですが、仙厓自作の茶杓に惹かれました。節の上下で色が変わる「あけぼの」が目に残っています。

意外な華奢さ、極細のおっとり…その端正さは初期の緻密な絵を思い起こさせました。自作の陶器もあり、鳥居型の硯は仙厓が工業デザインにも優れた才能を持っていることがうかがえました。しかもこの鳥居、箱崎宮の鳥居なのです。野点発祥の地!シンパシィー感じちゃうこの硯……座右に置いてみたいです。

権力を退け無位、布衣の人として生き、禅とユーモアが突出して取沙汰されますが、きっと洒脱でセンスに溢れた行動派だったのでしょうね。長く放浪しているところは、芭蕉とともに我が師匠とする所以です。なんとかして逢いたい(^^;人の一人です。

仙厓(せんがい) SENAGI
江戸時代、博多聖福寺の住職として活躍した禅僧(1750~1837年)

↓社中の仙厓ファンと。ゆみちゃんはきもかわいい坐禅蛙が一番好きだと…。
c0049825_2285686.jpgc0049825_2291453.jpg
by soukou-suzuki | 2010-11-14 21:37 | 学びの函

夜の紅葉狩り。

銀座から日比谷まで歩き、帝国ホテルの前で2人と別れた。日比谷から有楽町へ。さらに皇居を半周して歩いて帰ることにする。時々、逆回りのランナーとすれ違う他は誰もいない。
c0049825_365318.jpgc0049825_371998.jpg
日比谷は蛍光色でシャープな夜景が映し出される。でも桜田門あたりは街灯も橙色で、プラタナスの紅葉を引き立てている。変化を楽しみながら歩く。c0049825_374684.jpgc0049825_38201.jpg
交差点のストライプも、信号の光も、闇に沈む皇居の白壁も、ゴミ一つ落ちていない歩道も、すべて気持ちいい。皇居を巡って歩くたび、過去に旅をした国々の首都の街並を思い出す。ロンドン、パリ、ローマ…、緑地が多く道が広かった。メキシコのソカロやリマのセントロ、石畳の広場に灯る街灯が瞼に滲む。シンガポールの水辺の夜景、ハノイのホアンキエム湖の柳と風を思い出す。大音量で音楽を漏らしながら過ぎ行くバイクが一台…、バンコクの喧噪を懐かしみ、こんな風に妄想しながら歩ける治安の良さに、ふとウィーンの夜歩きを思う。
c0049825_385038.jpgc0049825_392016.jpg

フレームに飛び込んできたトラックが透き通って写る。
水辺の夜景は心が落ち着く。名水の土地と看板が云う。
c0049825_3102897.jpgc0049825_3104715.jpg

セピアモードで皇居を見れば、江戸城へも思いは駆ける。
c0049825_311692.jpgc0049825_3114160.jpg

ゆるい上り坂で三宅坂の交差点を過ぎる。最高裁の前に灯る、一本の銀杏を遠目に見る。燭台に灯る一本の蝋燭…、ブタペストの修道院を思い出した。一人だけ早めに衣替えして、黄色の修道服で佇んでいる。
c0049825_3115989.jpgc0049825_3122113.jpg

最高裁の隣の国立劇場前で交差点を渡る。人生の大舞台が左右にならぶ地。夜は静まりかえっている。夜の帳が明けると、舞台の幕、あるいは戦いの火蓋も上がるのかな。
さすがに暗いので、半蔵門まで出て、新宿通りにぶつかってから左折。もう生活圏だ。
c0049825_3124214.jpgc0049825_3125792.jpg
もうすぐGOAL。
c0049825_313949.jpgc0049825_3135661.jpg

渡った信号4つ。ほどよいウォーキングになりました。少し旅気分を味わった日。
by soukou-suzuki | 2010-11-14 03:17 | 散歩マニア

銀座小春。

「風の道」銀座句会に出席。喜怒哀楽の押し花の世界に、また一人誘いました。
   また一人句座に誘う小春かな   ひかり
   日めくりの薄くなりゆく小春かな 晋平
   人生に楽あり句あり芭蕉の忌   ひかり
   外套を手に佇つ銀座四丁目    晋平

   小春日や猫渾身の大欠伸     一馬
   箒目を崩さぬほどに時雨けり   百代
   パレットに暖色多き小春かな   ようこ(河村)
   飛び石に踏むには惜しき冬紅葉  栄
   ひそかなる地の引く力桐葉落つ  たま女
   浜小春砂蒸し風呂に顔並べ    日出代
   佃島庇触れ合ふ路地小春     陸久
   浪の尖に日の斑ちりぢり小六月  主宰
c0049825_2211845.jpgc0049825_2214387.jpg

銀座明治屋の向かいで句座を終え、カフェで互いの句を再考(推敲)する。文芸は座の学問。上達には切磋琢磨と開襟が必要です。ダメな自分を隠しているといつまでも変化できない。「俳句は写生」と言い、感情は表現しないといいますが、カメラと同じで、同じ風景を撮っていても、シャッターを押す人の人格が自然に出ます。フレーミング(視野)に、その日のその人が現れます。怖いですか?そんなもの怖がっていたら何もできない。クリエイティブなことを避けて、隠しているつもりの「自分の姿」なんて、とっくに他人から見て明け透けなことばかり…。句座ではむしろ、誰がどれだけ自分を見ているか、を見ることができるのです。あとは他人の目の「屈折の度合い」を知ることも人生勉強の一つかしら。(笑)受け手の感性が豊かゆえ、屈折でプリズムが現れ、実物より美しく捉えてくださることが多いですね。
c0049825_2221969.jpgc0049825_2224676.jpg

来週の野点企画の最終会議に3人で集まり、点心選びに銀座を闊歩。松屋、三越、松坂屋…。デパ地価はラビリンス。五感に訴える売り場にイマジネーション炸裂。
c0049825_223254.jpgc0049825_2232124.jpg

美味しいもののタイムセールを目の前に、真面目に企画に打ち込むに野点人たち。えらい!でもお腹は「ぐ~!」。一本入った「お多幸」で、今シーズンの初おでんとしました。熱燗が美味しくなりました。
c0049825_2234557.jpgc0049825_2235819.jpg

煙管が流行っているらしい。とはいうけど、カバンから、さっとマイ煙管出す人って、、、数えるほどしか知りませんけど。
c0049825_2241633.jpgc0049825_2243447.jpg
c0049825_2245099.jpgc0049825_228761.jpg

by soukou-suzuki | 2010-11-14 02:59 | 茶味禅味俳味一味