<   2010年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

明治神宮「日本文化紹介茶会」

2010年11月28日(日)
芭蕉忌の今日、明治神宮の御苑内にある「隔雲亭(かくうんてい)」で、晩秋を惜しむ紅葉の茶会を催しました。

苑内の紅葉は燃え盛り、隔雲亭の廊下から見下ろす池へのスロープには、黄に色づいた葉を散らす様が黄金の時雨のようでした。午後の一席がなくなったので、その間、庭を眺めながら響の若い方と俳句をひねりました。

    黄金の梢となりて秋日燦  
    息止みし木の葉時雨のひとしきり   
    紅葉舞う枝離るるは潔く         
    共に見し木の葉時雨の刹那永久   

◆参加茶人スタッフ
松浦ひかり、中沢文明、吉森智浩、岩見恵理子、神田佳絵
初参加の味澤俊、森部恵理子
昼からは瀬○智子
計8名でした

◆参加外国人
 USA 9人、日本 4人、UK 1人、スイス 2人、イタリア 1人、オーストラリア 6人、スウェーデン 2人、香港 1人、ドイツ 1人
 合計 9カ国 27人でした。

◆響ガイド 12人(内お茶会初参加5人)

◆会記
軸:千峰紅葉村  相国寺 有馬頼底 筆
花:アワコガネギク エゾノコンギク 照葉 ドウダンツツジ
花入:竹一重切
香合:都鳥(ゆりかもめ)
棚:寿棚
水指:染付 葡萄絵
棗:紅春慶 (飛騨高山)
茶杓:時雨(芭蕉「時雨忌」に寄せて)
by soukou-suzuki | 2010-11-30 16:39 | 茶味禅味俳味一味

野点における「開く」茶事

c0049825_1251731.jpg11月20日(土)
国際野点協会、第4回公式茶会「2010年開く茶会」開炉とボジョレーヌーボー解禁とともに、野点協会発足の2010年を振り返る茶会が行われました。
場所は紀尾井町の清水谷公園。

プロデューサーは、こだわり茶人の木村晋平氏と、永遠の乙女ワインアドバイザー小峰美由紀氏のコラボ企画。

直線的な高層ビルの輝きと、黄葉紅葉の時折舞い散る心字池の輝きと…低い生垣に囲まれた正座からの視線。都会に開いた「天空の窓」を見上げるたびに、ほうとため息が出ます。「東京は美しい」、そう思いました。

c0049825_12521115.jpgイタリアンのアペタイザーに、お持たせの一品料理6品を添えた懐石に、アルベール・ビショーのボジョレーヌーボーとボジョレーヴィラージュで茶事をスタート。

お二人が銀座を探し回った前菜6品詰め合わせは、どれも美味!
カポナータ、魚介のマリネ、オリーブ、スパイシーチキン…そして、料理とワインの相性が合っています!
小峰さんはチーズアドバイザーの資格も持っています。
「トロフィー・リヨン・ボージョ・ヌーヴォー」という、ボージョレ・ヌーヴォー最大のコンクールで2010年の金賞を受賞したというアルベール・ビショー。美しいルビー色が、寂びと愁思を、美しく豊かにします。
c0049825_1252531.jpgc0049825_1253413.jpg

c0049825_12582528.jpgc0049825_1258359.jpg

c0049825_12592338.jpgc0049825_12594352.jpg
c0049825_130126.jpgc0049825_1304663.jpg


c0049825_1321775.jpgサラダ、ハーブソーセージ、カプレーゼ……、ついワインが進みそうになってイケナイ。このあとお点前するのでした!
吉森さんお手製の「サーモンとジャガイモのガレット」は、ハーブのディルが効いたトリップ効果満点の逸品。
私は出がけに(自宅1分のお馴染み「やまちゃんの店」で)、焼き立てのロティサリーチキンとベークドポテトを小口にしてもらい、セーターでくるんで保温しておきました。

最近はすっかり寒かったのに、この日は風一つない穏やかな、静かな、優しい天候。
言葉さえいらなくなる、幸せで豊かな壺中のひととき。

c0049825_16133530.jpgc0049825_16134579.jpg
c0049825_16142686.jpgc0049825_16143939.jpg
c0049825_16151746.jpgc0049825_16144840.jpg

お点前は盆略でおひとりおひとりに点て、主客も交代して点てあい、そこに、それぞれの用事を終えて駆けつけたメンバーもほつほつと現れて連客しました。茶の湯帰りの中まで着物人口も増えていき、市中の隠に新たな一座を建立。
この野点の席につくまでは、みなそれぞれに人生の別の「本番」をこなしていました。
試験の人、茶事の人、稽古の人、休日も仕事の人……人生のあらゆる場面と取り合わせてみても、野点は寄り添い、似合うといっていいでしょう。それは野点が、メインにも成れるイベントでありながら、すんなりサブメニューにもなれる「柔軟性」をもっているからです。
自分自身がなりたいと思う人物像に重ねて、茶の湯の中にある「野点」に親しみとシンボルを感じるのです。
c0049825_16174774.jpgc0049825_16181936.jpg

c0049825_16182625.jpgc0049825_16185784.jpg



c0049825_16193762.jpg



c0049825_17365276.jpgc0049825_1737629.jpg


c0049825_17381015.jpgc0049825_17381971.jpg

c0049825_17382965.jpgc0049825_17384170.jpg


c0049825_17391388.jpgc0049825_17392138.jpg

c0049825_173953100.jpgc0049825_17414987.jpg

c0049825_17424164.jpgc0049825_17442789.jpg

c0049825_1743710.jpg

by soukou-suzuki | 2010-11-30 00:30 | 茶味禅味俳味一味

2011年新春☆出初式茶会 隊員募集中!

<隊員募集!>
c0049825_17565842.jpgc0049825_1757921.jpg


2011年1月6日(木)東京ビッサイトで行われる、恒例の「消防出初式」で、私が新春茶会をさせていただきます。
威勢よく、粋で目出たい茶会を目指します。
一緒に御正月ムードを盛り上げてくれる茶人スタッフを募集しています!
初対面でも、水屋で出逢えばもう仲間!ともにお江戸東京を守り、伝統文化を守る隊員として一日、活躍しませんか?
◆1月6日(木)平日です。集合8:45~17:00(前日設営20:00~22:00とセットでご参加いただければ幸いです)
◆内容:お点前(立礼)、半東、水屋、運びなど、得意なところをお申し出ください!
◆参加費なし、日当なし、昼食・茶菓支給、簡単な打上で交流あり
◆服装:基本和服でお願いします。(女性は小紋以上。お振袖、訪問着も歓迎)
◆募集人員:あと12名程度
◆お申込み先は松浦まで:hikarinokuni1216@gmail.com
◇現在の参加予定者:(松浦ひ・宗靖先生・吉森氏・安達氏・岩見氏・森部氏 20101129現在)
◇企画も募集中。趣向、道具、菓子、多道具など、協賛およびご提案をお待ちしております!!!!!!!

今年の出初式新春茶会の様子はコレ!

http://hsuzuki.exblog.jp/13472892/
by soukou-suzuki | 2010-11-29 18:54 | 計画中

月曜日の静寂

c0049825_140213.jpg

月曜日のランチを一人で過ごす。
新東京ビルの地下にあるタイ料理のバンコクキッチンは、一時以降来店のランチにホットドリンクとデザートのバーがつく。
朝から上がらない体温を、酸っぱ辛い汁麺で温め、紅茶で一息つく。
今週は当番週。

c0049825_18225078.jpg職場の窓から眺める皇居も紅葉(主に黄葉)の盛り。
常緑と青空を背景に、ソプラノみたいな甲高い黄色を射し込んでいる木々。



一週間前、目の前で突然人が逝った。
どうしてよいかただおろおろしながら、それでも手を握って名前を呼び続けた。
甲斐なく亡くなったと聞かされ、虚しさと無力感にさいなまれた。
同時に、父の突然死に際したときを思いだし、目の前に見ていた半眼の患者と重なった。父の死と、そこらか連なる一連のシーンが何度もフラッシュバックして、しばらくはふとした拍子に嗚咽した。
一人でいるときがほとんどだった。

17年前に父を亡くしたときより、私の一週間はさらに濃密になっていた。おかげで、あれから一週間に生じた実に様々な出来事が、悲喜こもごもを尽くした晩秋の濃厚なひとときが、あの日を強力に過去に押しさりつつある。

尋常でない汗。左手に残る冷たくなりゆく指の感触。呼吸ともつかぬ息の匂い。瞼の下の虚ろな瞳。
過去にしまっても忘れはしない。様々なことに気づかせてくれた恩人だから。


あの日誓ったことは、毎日を悔いなく生きようということ。
自分を、自分が大切にする人であろうということ。
ほんの僅かでも、いつか役に立つのなら勉強もしようということ。

それから、命の美しさを堪能しようということ。

もうすぐ父が逝った季節。そしてそれは、私が産まれた季節。

木々の葉が、それを知らせている。
by soukou-suzuki | 2010-11-29 14:00 | Hikari NOW!

神宮御苑の紅葉

c0049825_2349376.jpg

時のエンペラーがラブリーワイフのために考え尽くした景色を、晩秋の一日、我が物として客人をもてなす。
豊かな時間。
by soukou-suzuki | 2010-11-28 23:49 | Hikari NOW!

妖精の忘れ物


今年最後の明治神宮の日本文化紹介の茶会を無事終えました。
隔雲亭の周辺は今を盛りと紅葉が見事です。晴れ渡る池に梢から降る木の葉時雨が黄金色に輝く様に見とれ、しばらく身動きできないエクスタシーを得ました。それは瞬間的でありながら永遠性を秘めていました。
その刹那をともにした人を、「ともに生きた」と表現することは何も間違っていないと感じました。

アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドイツ、台湾、フィンランド…今日も各国からの客人と、三度の一座建立、一期一会を生きました。
仲間も初めての取り合わせ、道具も初めてで二度と同じことはない取り合わせ、花に至れば好日の茶室を飾る使命と引き換えに、我が命を投げだしながら惜しみ無く美しく輝いていました。

c0049825_12173288.jpg妖精吉森さんのお誕生日当日ということで、道具を干した自宅にて誕生日会。

「妖精さんHappyBirthday 350歳」
とプレートを着けたショートケーキでお祝いし、解散した後に、妖精の忘れ物を発見。「羽」ではなく、「花」でした。

白い部屋に、小さな森が宿り、神宮の御苑の紅葉村が甦りました。

各国からの笑顔を集める神宮のように、我が家も小さな笑顔の集積場所に育ちつつあります。
神宮は今年、鎮座90周年。
私も松の浦に「閑座」して次期に一周年を迎えます。
一年前、「来年の御題は光です」と思うことが、どれほど自分を勇気つけ、誇らしく感じたでしょう。
来年の御題は「葉」です。
それが今日、新鮮に胸に響きました。

床の間は「千峰紅葉村」、有馬頼底相国寺管長の筆でした。
千の峰を、見渡す村全体までを美しくする力が、「葉」にはあるのですね。

気づくために人は生きています。
今日をしっかり、生かされて生きました。
by soukou-suzuki | 2010-11-28 23:46 | Hikari NOW!

青新誕生。

c0049825_237122.jpg

ブロック広報誌「青新」、完成して我が家に届きました。

艶やかな表紙、インクの香り、めくる度に現れこぼれる「なかま」の笑顔。

私たちの「いま」を閉じ込めました。
ご賞味くださいませ。

明日、皆様のお手元へ…。
by soukou-suzuki | 2010-11-24 02:37 | Hikari NOW!

美しいという意味。


c0049825_12202116.jpg朽ちゆく葉が斑に色を変える。
黄色く茶色くしわがれていく。

乾燥して皺を増した老人の肌のよう…、染みが浮き出た肌のよう…、次の一吹きの風に命綱を手放す覚悟があるかのように、互いに触れ合い、かさこそと挨拶を交わしている葉。


汚ないと思いますか?
哀れですか?
美しいと思いますか?


見たものが美しく見えるのは目が澄んで美しいからです。
対象に美が在るのではなく、見る側の心に美があるとき、対象に美が宿るのです。

山川草木悉皆成仏。


枯れゆく木々の葉が美しいのはなぜだか分かりますか?
by soukou-suzuki | 2010-11-24 02:22 | Hikari NOW!

四角い生シュー

c0049825_275057.jpg

今日の広報誌発送作業での、香川さまからのお差し入れを紹介。

モンドリアンの絵を思い出す色のキューブの配列。

今までのシュークリームのイメージであったふわふわを完全に排除したフォルム。

今までのシュークリームにどうしても足りなかったビビッドな色彩。

発想の逆転から生まれたにちがいない、間違いなく今までなかったシュークリームです。

人生のヒントになる一品をありがとうございます。

縦に二つに切って、左右の組み合わせを変えてみたら、モンドリアンの別の絵になりました。


ちなみにクリームは滑らかさと反対に進化させた感じ。

クリームにざっくり感を際立たせた食感が和菓子的な感じもする。無いはずの繊維質を感じるからかな。

チョコレートコーティングの洋菓子は大抵、ナイフを入れるとパリパリとひび割れて美観を損ねる。

でもこの子は大丈夫ですよ。むしろそうしてカットして召し上がれと挑戦的に誘いをかける説明書つき。

いやぁ、感動しました。
ルービックキューブに出会ったときくらい、よくできてるなあと感動。
by soukou-suzuki | 2010-11-24 02:07 | Hikari NOW!

患うよりも。

大好きな人は誰ですか?

恋に患うよりも、「大好きーーーーーーーーーーー!」って言ってみよう。

「愛してくれますか?」って聞くよりも、「大好きーーーーーー!」って伝えればいい。

相手の返事の内容なんかより、自分の気持ちを自分自身で認めてあげることのほうが何百倍も大事じゃなない!?自分は、自分の気持ちで100%なのだから。
c0049825_191917.jpg

by soukou-suzuki | 2010-11-18 01:09 | よしなしごと