<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

菜の花

c0049825_17113987.jpg

友人が拙宅へと、季節の花束をくださった。
黄色と碧が映えて、部屋を一段明るく暖かくしている。
菜の花はイタリアの海辺には咲くかしら…?
by soukou-suzuki | 2010-02-28 17:11 | Hikari NOW!

春宵

c0049825_18524983.jpg

by soukou-suzuki | 2010-02-26 18:52 | Hikari NOW!

ペニンシュラ・ケーキ

c0049825_19335010.jpg

会社の同僚のお誕生日です。
ペニンシュラのケーキにはオーラを感じました。(^-^)b
思わず、写真に納めてしまいました。
デスクです。

向こうに見えている絵は、院展の松尾敏男氏の朝顔。展覧会で買ったポストカードです。
by soukou-suzuki | 2010-02-19 19:33 | Hikari NOW!

桃金団

c0049825_17342149.jpg

鶴屋八幡さんの桃金団。
かあいい、あんまい、うんまい。
by soukou-suzuki | 2010-02-18 17:34 | Hikari NOW!

ちゅうかまん

c0049825_22574560.jpg

深夜の稽古場にて。
by soukou-suzuki | 2010-02-17 22:57 | Hikari NOW!

あと77日

c0049825_13514768.jpg

歌舞伎座前。
by soukou-suzuki | 2010-02-13 13:51 | Hikari NOW!

アンテナ

c0049825_3141630.jpg

我が家の洗面所はテレパシーの中継地になっている。

先日も書いたけれど、水場に鏡、白で気枯れ(穢れ)を清めた空間では、意図しなくても自然に第六感が澄まされる。

さらに、一輪か二輪の花があると増幅するみたい。

というか、花がテレパシーのアンテナなのかな…。

空気中を漂っていて目には見えない想いを、避雷針が雷を集めるように、樹木や花が集め宿して、私に伝えてくれる気がする。


先週のアンテナが枯れてしまった。今日、さっそくチューリップを二本頂いた。
メロウで甘い甘い色。
テレパシーの中継は明日の朝にして、今夜はひとしきりら、花自身の語りに注目しましょう。

アイボリーの壁紙に据えたら、途端にうつむいて物憂げなポーズ…。それから、ゆっくりとうっすらと口を開き、静かにポツリポツリと話し始めるような風情。

「私って、結局こういう風にしか愛せないの…」

みたいな、自注の語り。

後ろ頭(?)を撫でてあげたくなる独白。
by soukou-suzuki | 2010-02-11 03:14 | Hikari NOW!

作為が無作為に…

c0049825_2205796.jpg

升目を引いた上に、直線と程遠い枝振りを配す。方眼紙の上に、インク壺をひっくり返してしまったよう。生き物のようにじわじわインクが染みていくような…。

こういう景色が好き。

人工的で端正で鋭利な物質と、自然の姿、とりわけ余所行きや晴れ着でない、素っぴんの姿が重なって、どこまでも無作為なのに、仕組んだように対比する個性。

樹木たちは無作為なのかなぁ、でも長い目で見たら作為なんだろうなぁ。

向こうのビルは、期せずして…草月会館でした。

流石。草月流してる。

この角度から見られること、計算したのかしら?
by soukou-suzuki | 2010-02-08 22:00 | Hikari NOW!

青一

c0049825_2146465.jpg

歩いているだけで気持ちよくなる。でも歩いているからじゃないかも。環境が大事。

気持ちいい理由…。

青空の下、一本道を行くからかな。

あ、だから青一っていうのかな?

(不正解!青一は青山一丁目の略です。)
by soukou-suzuki | 2010-02-08 21:46 | Hikari NOW!

立春

c0049825_23182081.jpg

立春のお稽古日は「菜種金団」でした。
黄緑と黄色の斑を見て、菜の花を思い出せれば日本人。
「甘柔らか暖か明るい」色合い。それが春。
by soukou-suzuki | 2010-02-06 23:18 | Hikari NOW!