<   2007年 05月 ( 50 )   > この月の画像一覧

文楽 「絵本太功記」

c0049825_0252196.jpg第159回、文楽公演を見に国立劇場へ。
演目は通し狂言、『絵本太功記』です。1部、2部を、1週間あけて2日に渡って鑑賞しました。
★近松卿・近松湖水軒・近松千葉軒=作

◆第1部(5月20日)

 天に叶いし故やらん、八百の諸侯従ひて、紂王を討たんと云ひしを、我未だ天命を知らずとて、諸々の軍を引き具し先づ帰りぬ・・・
と、「安土城中の段」から始まります。行事でお世話になった吉田幸助さんは、森欄丸の役で出演。そりゃもう、かっこよかったですよ、M原さん♪(^^)

両日とも5枚づつとってもらい、1部は茶友グループで、2部は職場グループで見に行きました。こんな贅沢な見方、他じゃできません♪チケットをご手配いただいた茶友、M原様、お世話になり本当に感謝、感謝でございます。いずれの日も、みな前から10列目以内で見せていただきました。空も心も晴れ晴れ日曜日!
c0049825_23154231.jpgc0049825_2315511.jpg













いつもは似ていない2人が、お待ちかねのビールジョッキを両手で掴み、ぐいっと喉の感触を確かめている瞬間の目が、とってもとっても似ているような気がするのは私だけ?(^^)
たった今見た太功記(太閤記じゃないのね)の配役に、身近な人間関係をあてはめてみたりするのは楽しいし、真理をついていたりもして、自分がすべきことが見えてきたり・・・もする?!かな?(^o^;駄目駄目、こんなめまぐるしい展開にはついていけないわ。
↓双子のようでしょ?
c0049825_2316437.jpgc0049825_23163339.jpgc0049825_23164373.jpg









c0049825_06128.jpgc0049825_072235.jpg◆第2部(5月27日 千秋楽)
職場の仲間と、ゆるゆると昼下がりに集まって文楽を楽しみ、とっぷり暮れてよりビールを飲んだら、台風一過の晴天の夜はうんと肌寒くなっていました。

でも心はHOT!さて仕事の仲間と太閤記の時代を語るのは、なお楽しい!?
影響されやすい私は、しばらくは光太夫とあいなって、今後職場でも「スハッ!この書類!」「チェッ、やられたりこのメール!」とか、「イヤナウ、部長!」「ムムム、ハハハハ、、」な~んて言い出しそうで自分が怖い~(^^;
ヤアヤア、明日は月曜日!チェ、チェ、チェーーーーッ!(><;
c0049825_064813.jpgc0049825_065735.jpg
by soukou-suzuki | 2007-05-31 23:30 | Hikari NOW!

心が美しい

c0049825_255887.jpg陶芸展で添え釜をしている先輩を訪ねて、1人電車で散歩・・・。

『花も美しい 月も美しい それに気づく心が美しい』
(^^)本当に、本当に・・・。美しいものがそこにあっても、美しいと思う気持ちが無ければ、その美自体の意味が失われてしまう。逢いたいと思わなければ、そこにその人がいる意味は失われちゃうかも・・・。
c0049825_1495898.jpgc0049825_153158.jpgc0049825_1532735.jpg









c0049825_1584971.jpgそうやっていろんなものの意味を亡くしていないか再点検。
久しぶりに京王線の電車で多摩川を渡り、大学時代の思い出がぱんぱんに詰った町、聖蹟桜ヶ丘へ来た。毎朝来た町なのに、卒業以来すっかり来なくなってしまった。百草園、桜サンリバー、多摩動物公園、高幡不動、京王アートマン・・・。走馬灯なんかじゃなくて、土砂降りの思い出が押し寄せてくる。
by soukou-suzuki | 2007-05-30 02:05 | 茶味禅味俳味一味

青楓(あおかえで)

緑挿す用賀神社。いつも思う。青楓って、なんて・・・・、巧く言葉にはならないけど、息を深く吸い込みたくなる。
c0049825_1372472.jpgc0049825_1374549.jpg












くさくさすることだってあるけど、この蒼さを見ると、そんなのどうでも良くなる・・・。楓って、四季を通じて、なんとたくさんの人を救っていることか・・・。お手本にしよう。
c0049825_1375742.jpgc0049825_138771.jpg
by soukou-suzuki | 2007-05-30 01:40 | 散歩マニア

日本オペレッタ協会創立30周年記念

さるご縁から、日本のオペレッタを知りました。と言っても、まだまだこれから「知る」ことが始まるのですが・・・。そんな私とオペレッタの出逢いは、日本オペレッタ協会が産声をあげてから、丁度30年経った頃のことだったようです。この春初めて、「ルクセンブルク伯爵」を観てはまりました。大人のためのファンタジーであり、音とリズムに、幸せな夢を見られる時間・・・それがオペレッタ。歌舞伎演出家、寺崎裕則先生が芸術監督として育んできた日本のオペレッタ。これはその記念パーティーの模様です。
当日はVIP招待客の誘導もおおせつかり、小泉元首相をご来賓席へご案内する間は、大勢の間を抜けて歩く道すがら、左右から「総理!」「総理、どうも!」と声が飛び、呼ばれてるのは私じゃないのに、勘違いしそうな状況でした。(^^;
小泉元総理の祝辞。そして歌役者たちとの合唱風景♪みよ、人が歌う時のこの幸せそうな表情。舞台では、見ている方も、気づけばお揃いのこの笑顔を浮かべている。
c0049825_0363444.jpgc0049825_038426.jpg












茶友と一緒に参加。その他、パーティー点景から。
c0049825_0431017.jpgc0049825_0464255.jpgc0049825_047711.jpg










知っている顔、偉い人、綺麗な人、著名な人、華のある人・・・会場には実に様々な人がいる。でも、みんな歌を愛し、人生を楽しめる大人という意味では同じなのかも知れない。無邪気に「写真撮ってください♪」と言えてしまう楽しい雰囲気。
c0049825_0474975.jpgc0049825_0481134.jpgc0049825_0482329.jpg









(左)姉の恩師にも再会!なんと寺崎先生が最初の教え子だったそうです。20年以上前ながら、姉はそれでも新しい生徒に属するのかしら?「お~!久理ちゃんに似ているね!」と言われました。(中央)寺崎裕則氏の挨拶。
c0049825_0494762.jpgc0049825_051331.jpgc0049825_0514996.jpg








c0049825_1183088.jpg★========================
♪2007年6月9日(土)14:00  ←で行く予定。
         10日(日)14:00 

  『喜歌劇の祭典』 ガラ・コンサート♪
  ―夢をつむぐ日本オペレッタ協会30年の歩み―

  【会場】北区赤羽会館 

   全席指定¥6,000(税込み)c0049825_12828100.jpg
   チケット販売
http://www.operettahouse.com/
========================★
by soukou-suzuki | 2007-05-30 00:52 | Hikari NOW!

献茶、前夜。

明日は大宮八幡神社でのお献茶です。
以前に、どなたからだったか、・・・お家元自身が語られたお話の中だったかも知れませんが、献茶式の前夜は、宴席を辞して、心静かに準備すると伺いました。献茶で大事なのは気持ち、ということでしょうか。神様に対面するのですものね。

今日はしのつく雨、雨、雨・・・・。屋外の立礼席の準備は万全とは言えません。明日の朝が勝負です。心が平安を得るには、今日のお天気は少し意地悪・・・。
私も今日、お仕事はお休みをいただき、明日の準備で大宮神社へ行きました。夫婦銀杏の下で、濡れた玉砂利をスニーカーでしごきながら、「お米を研いでいるみたいだなぁ」などと思いながら、この「献茶前夜」の話を思い出していました。

家で着物を用意し、持ち物を整えてもまだ何か落ち着かない気分。

トイレに入り、ふっと気になった埃を払っているうちに、気づけば掃除に突入し、ピカピカになっていました。うふ、なんだか、気持ちいい。

出てきたら洗面所の鏡が曇っている。タオルでちょちょっと磨いたら、また少し気持ちが晴れました。明日のヘアピースや、メイク道具を整えているうちに、コットンを入れているガラスの容器の曇りが気になり、洗ったら、さっき磨いた鏡と映り合って、互いにキラキラと輝きました。結局、シンクボウルも蛇口も磨いて、メイクの引き出し中まで拭いて綺麗にしちゃった・・・。

さて、とお風呂に入ったら、またまた磨きたいところがいっぱい見つかったけど、もう禊はこの辺で・・・・、さぁ、寝なくっちゃ。明日のお肌が悲惨なことになっちゃわないように(><;

いらしてくださる方々にとって、気持ち好い日になりますように。
c0049825_231676.jpg
by soukou-suzuki | 2007-05-26 01:00 | Hikari NOW!

大臣室訪問

縁あって、山本有二金融担当大臣を訪問いたしました。初夏の陽気で、霞ヶ関の坂を登るのが少し暑かったです。国務大臣にお逢いするとあっての緊張の汗もあるでしょうが、官庁は夏場の冷房空調の設定も高めですから、受付を通り、上階へ上がってもなお、汗が引くのに時間がかかりました。ふぅ。窓から見える議事堂の横顔が印象的。日章旗を背負い、大臣席に座らせていただいて記念撮影。デスクが雑然としている様も、私らしい?
c0049825_23543127.jpgc0049825_23545022.jpg













時間はあっと言う間に過ぎ、小一時間で退出。1人で表参道へ出て食事し、ヒルズを覗いてから、そのまま歩いて明治神宮へ。原宿駅前の歩道橋のうえから、オリジナルの「書」を売る青年をパチリ。
c0049825_23551323.jpgc0049825_23552486.jpgc0049825_23553712.jpg









何だか人気のあまりない、静かな緑の水辺を散歩したくなって、御苑へ向かいました。その奥へ、緑陰へ、玉砂利を踏んで、分け入りたくなる午後。お宮参り、七五三、初詣、合格祈願、茶会、献茶・・・明治神宮に着物でいるだけで、過去が走馬灯のように流れていく。
c0049825_022715.jpgc0049825_024137.jpgc0049825_025170.jpg










毎年、社中のお茶会をやる「隔雲亭(かくうんてい)」は、明治天皇が、昭憲皇太后様のために建てられらた茶室。縁側から池を見下ろす景色がご馳走です。今年は11月に茶会を行います。水辺は涼しく、夕方の風も吹いてきて、とっても気持ちよい・・・。最初にこの池を見下ろしたのは何歳の時だろう?物心つくより前なのは確か。
c0049825_03498.jpgc0049825_032998.jpgc0049825_034240.jpg









菖蒲園のハナショウブはまだこれから(6月上旬)ですが、あやめが綺麗に咲いていました。いずれあやめかかきつばた・・・皆さんは違い、分かります??あ、よ~く観察していたら、花の中央に虫がいました。「ミツバチ・マーヤ」を思い出した。
c0049825_072595.jpgc0049825_074497.jpgc0049825_075713.jpg










本殿へ行き、日頃のお礼といっそうの精進を祈願(^^)し、着物でびしっと2礼2拍1礼を。親譲りの完璧なる柏手(かしわで)の音を高らかに響かせたら、外人さんに盗撮されました。
c0049825_017340.jpgc0049825_0171815.jpgc0049825_0172750.jpg










久しぶりに「大御心」(御神籤)を引きました。
c0049825_0174238.jpgc0049825_017561.jpgc0049825_0181556.jpg








大御心には、以下の御歌が書かれていました。

 「茂りたる うばら からたち 払いても
              ふむべき道は ゆくべかりけり」
                             昭憲皇太后御歌
★注釈がありました
 『困難な道でも、人として正しい道は信念を持って勇敢に進みなさい。
 未開の天地を拓き、狭い道を広くし、文化を高めることが創造の働き
 で、生甲斐とすべきことです。(ハッ、はは~!)

これはたぶん、明治天皇の御歌と対になりますね、
 「おほぞらに そびえて見ゆる 高嶺にも
                  登れば登る 道はありけり」 明治天皇御歌
癒されに伺ったつもりなのに、なんだか明治天皇ご夫妻に背中をドン!っと衝いていただいたような気分になりました!?(××)
by soukou-suzuki | 2007-05-23 00:24 | Hikari NOW!

「風の道」御代田支部 創立5周年記念 吟行会2

「無言館」は夭折した画家たちの、生が躍動する空間。上空から見ると十字架の形をした建物。内装もコンクリートうちっぱなしで、絵と、画家のプロフィール、戦没者はその戦地が、そして家族との逸話が記されている。
c0049825_2324090.jpgc0049825_23241995.jpgc0049825_2324294.jpg









集合写真。青葉風の中、こんなに鮮やかなのに、頭の中ではモノクロにして見ることもできそうな、刹那や、今だけの輝きを持っている景色・・・。
 無言館出て新樹光いたきほど  ひかり
c0049825_23244195.jpg






場所を小諸のホテルに移していよいよ句会!3句出しの5句選。悩む・・・。この日の「天」「地」「人」はこちら。主宰の色紙が贈呈された。おめでとうございます♪
c0049825_23302534.jpgc0049825_23303678.jpgc0049825_23304678.jpg








部屋を変えて、いよいよ5周年の記念パーティー♪副主宰のご発声で、御代田&東京合同の宴会。次第に支部の垣根も低くなり、賑やかに華やかに懇親会に。御代田支部には江戸千家でお茶をされる方も多く、次回はそのお茶室めぐりをさせていただきたい♪(^^)
c0049825_23332419.jpgc0049825_23335081.jpgc0049825_23341781.jpg









御代田支部主要メンバーたちの紹介。NY18年の石田氏、御代田のリンカーン氏も石川氏・・・。ちなみに御代田の帝国ホテルと言えば、明治屋旅館さんです。御代田ってなんでもあるのね♪
c0049825_23375130.jpgc0049825_233853.jpgc0049825_23382144.jpgc0049825_23383773.jpg






偶然ですが、俳句の会には父の同級生が大勢います。この日も、15年近くも前に亡くなった父の、同級生と新たに出会いました。そして、旅の師でもありました。国内は、ほぼ全ての「電車のレール」を走ったそうです。外国の名の知れた鉄道もほとんど回っていて、鎌倉の「分宅」へ伺うと、「マイ世界の車窓から」スライドが上映されます。電車好きの方、一緒に見にいきません?
c0049825_23414762.jpgc0049825_23415818.jpgc0049825_23424115.jpgc0049825_23432654.jpg
by soukou-suzuki | 2007-05-22 23:29 | 茶味禅味俳味一味

「風の道」御代田支部 創立5周年記念 吟行会1

昨夜のタクシー帰りをものともせず、翌朝は9:00に信州、御代田駅にオンタイム集合!(^^)vやればできるね、早起き・・・じゃなくて、ドライバーとなってくれた夫の協力を仰いだだけなんだけどね。(う~む、1人じゃできないことも、協力を仰げばできちゃうんだな~。「ここ」に学んでしまっていいのか分からないけど、しみじみ実感)

とにもかくにも、靖子さん(母)が始めた「風の道」俳句会の御代田支部も、結成からはや5年が経ったのでした。浅間山麓に集う、自然と芸術を愛する仲間たち。東京組みも参加して、交流会を兼ねたバスツアーです。向かう先は、千曲川沿いの宿場跡「海野宿」と、戦死した美大生たちの遺作を集めた絵画館の「無言館」。前半は写真で綴りましょう。
c0049825_2143521.jpgc0049825_214536.jpgc0049825_215452.jpg








★案内表示は写真をクリックして大きくすれば読めるかも。
c0049825_2225118.jpgc0049825_2232100.jpgc0049825_2231285.jpg








c0049825_232388.jpgc0049825_2321426.jpgc0049825_2322938.jpg







「うだつが上がらない」のうだつって何だかご存知?これ、この防火壁として高く掲げて屋根をつけたものが「うだつ」。本来は江戸時代に防火壁として妻壁を屋根より一段高くしたもので、後に明治時代になって、軒に意匠を凝らしたものが増え、家柄を象徴するようなエンブレム的役割になった。これを袖うだつという。字は「卯建」。ツバメの子が、結構おおきな体して、まだピチク言いながら大口開けている。親鳥は微塵も躊躇無くエサをせっせと与えている。なんとも、こちらが気恥ずかしい気分となる。
c0049825_232419.jpgc0049825_2325141.jpgc0049825_2331094.jpg









c0049825_2373992.jpgc0049825_2374915.jpgc0049825_238125.jpg









c0049825_2384099.jpgc0049825_2392491.jpgc0049825_23103290.jpg










骨董屋やみやげ物屋、カフェっぽい店もあり、半日くらいゆっくりデートしてもよいところです。すぐ千曲川の清流も見えます。蛇行する大きな川沿いに、若葉風が渡っていくのが、緑の動きで視覚的に見えます。ん~んん!気持ちよし。自然に全部深呼吸になっちゃう(><)
by soukou-suzuki | 2007-05-20 02:16 | 茶味禅味俳味一味

若水会 その3 Dさん送別会

5月の土曜日。若水会(メキシコ水フォーラム関係者の仲良したち)で恵比寿にて、3回目の再集合をしました。あれから1年以上経ちました。それぞれの置かれた環境も変化するし、自ら変化を求めた人(M氏)もいます。カメラマンAZ氏とは久々。来月、おめでたいことがあるそうです。
今回のニューフェースは、当時まだ入社前で、たまたま同じ時期にメキシコにいたという不思議な縁をもつY氏。ニッコー・メヒコに両替に来て、皇太子殿下と橋本さんを見かけていたというから、ここにいる全員とニアミスもいいところです。
あてこの日の宴会の最大の趣旨は、出向任期を終えていよいよ地元(札幌)へ帰ってしまうD氏の送別会でした。(うー、哀しいけど、札幌支部創設の好機でしょう!)昨年、転職したM氏も、名古屋から駆けつけて『サルー!(乾杯)』(名古屋支部も盛り上げなくちゃ。)
c0049825_163088.jpgc0049825_164655.jpg













左<M氏と、大遅刻の幹事A氏!(何処で何してたかと思いきや、ただ寝過ごしただけだった)>
中央<その前に、プレゼント企画幹事のG氏は時間切れでさようなら・・・(ぴらぴらしたブラウス着て、何処へ消えたのかしら?)>
右<主役D氏、名古屋からのM氏、徹夜明けのI嬢。>
c0049825_1114367.jpgc0049825_1115145.jpgc0049825_1123396.jpg









ようやく揃ったのでプレゼントタイム♪花束。お取り寄せのテキーラ。(アネホ3年もの。ピラミッド型のボトルで、その名もSOL DIOS(太陽神)!一緒にピラミッドに登った思い出を重ねて♪)ラッピングした箱は、スウェーデンのオレフォス製のショットグラスをペアで。(この後、早速使われたことに・・・^^;)そして、みんなの寄せ書き色紙。
・・・そしてそこから始まる、テキーラでの『千鳥』(←お茶事用語。全員と一杯ずつお相伴して廻るD氏。2周、3周、テキーラがある限り続く・・・)ライムと塩のご用意もあり、プレゼントしたばかりのショット・グラスが大活躍♪テキーラはだいたい40度くらい・・・。え~、こんなに飲める人だっけ???体育会AZ氏には水でしかないようですが・・・。
c0049825_1153653.jpgc0049825_1162381.jpgc0049825_1163131.jpg








c0049825_1164618.jpgc0049825_1171383.jpgc0049825_1181278.jpg









c0049825_118209.jpgc0049825_1183182.jpgc0049825_119219.jpg









c0049825_1193872.jpgc0049825_1203528.jpgc0049825_1243097.jpg









★2次会へ★
駆けつけF江、さらに追い討ちをかける。大丈夫かな~・・・(^^;ま、せっかく週末に催したのだからね、いいけど。本人、確か明日の早朝の飛行機を予約してるって言ってたような~。(今のうちにキャンセルしといた方がよくないかな?)
c0049825_1373972.jpgc0049825_1382195.jpgc0049825_138446.jpg









宴会は続くよ、何処までも~♪N島嬢も飲ませ上手。
c0049825_1385574.jpgc0049825_1411296.jpgc0049825_142165.jpg








★そして・・・当然の結果。(あ~あ、D氏の記憶に残りたくてみんなで企画した送別会だったのに、この日のことが記憶に残らない会になっちゃった?!)
c0049825_1443186.jpgc0049825_145219.jpgc0049825_1451440.jpg







あ、あれ・・・?もう1匹、大形犬が寝ている?T代は酒豪のはずなんだけど・・・最近忙しかったようで、睡眠不足が祟ったみたい。でもテキーラって凄いね(@@;(写真は当人から取り下げ請求が来るまでの公開。でも何となく絵になってるよん。)
c0049825_1474086.jpgc0049825_148312.jpgc0049825_1483063.jpg
by soukou-suzuki | 2007-05-20 01:22 | Hikari NOW!

安田浩人 粟田焼 個展

c0049825_21441510.jpgとっても気の合う仲間で、大事な茶友でもある、粟田焼の作家、安田浩人さん。彼がただいま京都大丸デパートで個展を開催中です。(22日まで)
きっとたくさんのお花とお客様に囲まれて忙しくしていらっしゃることでしょう。
その輪の中に自分も入っていけないのが残念無念!!駆けつけたい気持ちでいっぱいですが、今回は東京より盛会を祈念しています。近畿地方のお仲間が羨ましいっ!
なので、行かれる方は、是非ともわたしの分までじっくり味わって、わたしの分まで赤いシールを付けてきてください。(御立て替えよろしく。いつか頑張って払いますわ。(^^ゞ)
写真左が安田さんで、右はお祝いに駆けつけた京都在住の同期部長組、最近パパになったばかりの藤平さんです。
次はいつ京都に行けるかしら?また遊んでね。
「安田浩人写真展」byひかり なんつって♪過去の画像からセレクト。
c0049825_12581065.jpgc0049825_12583562.jpgc0049825_1301169.jpg
by soukou-suzuki | 2007-05-18 21:44 | Hikari NOW!