<   2007年 03月 ( 50 )   > この月の画像一覧

10000回のありがとう♪

ブログ創設から2年。本日、ご訪問いただいた方の数が合計10000を越えました。
今日は今までにないくらい多くの方がお見えになったので、一気に300件近く増えていました。今、帰宅して驚いています。
皆様からの10000回の「こんにちは」に、10000回の「ありがとう」を応えたいです。
今日まで私という人間に関わってくださって、本当にありがとうございます。その「関心」が、私を励まして、育てて、磨いて、癒してくれているのです。こんな年度の締めくくり日、素敵です♪感謝と親愛の情をおくります。これからもずっと、花が好き!お茶が好き!人が好き!
by soukou-suzuki | 2007-03-30 23:22 | Hikari NOW!

東京ミッドタウン 逸話2 小泉純一郎元総理

c0049825_1182088.jpg



















3月28日(水)、引き続き東京ミッドタウンABCクッキングスタジオのオープニング・レセプションを手伝う。この日はVIP招待の日ということで、忙しさを期待していましたが、スーツの男性陣はなかなかスタジオの中まで入ってきてくださいません。従って奥の茶室も静か・・・。
これでは働いていない・・・ご用意のお弁当をいただくのも申し訳ない!とうことで、表へ出てご案内業務もかって出ました。
後半は、一昨日お顔みしりになった「とらや」さんも来てくださり、和気藹々。茶室に相応しい話も弾んで楽しく過ごしていました。

c0049825_1254178.jpg・・・そこへ、ガラスの向こう側に、見慣れた特徴ある髪型。そう、小泉純一郎元総理ではありませんか!和菓子キットをご覧になっているのでしょうか?
(ABCさんの商品で、和菓子の材料がレシピどおりに入っているパッケージ♪3色の練りきりが9個できるもので1900円くらい。よくできている~)
下川さんの気転で、小泉さん、お茶室まできてくださいました!和光さんのお点前を目を細めて見られた後、半東の私ときさくにお話いただきました。四畳半に小泉元総理と、内閣府特命担当大臣(金融・再チャレンジ担当大臣)の山本有二氏と、和光さんと私しかいない・・・・ということが、後で思い出すとなんだか空恐ろしい感じもします。ですが、その時は本当にお2人とも人を和ませるお人柄で、裏千家のお家元の初釜にいらしたおりのエピソードなど、笑顔で語ってくださいました。「私は朝から、お茶はほうじ茶!」なのだそうで、キッチンで試食した「ほうじ茶のチョコレート」をとても気に入られていました。
c0049825_128197.jpg床の間のお軸「彩鳳舞丹宵(さいほうたんしょうにまう)」が、紫野大亀老師の筆だとお話したところ、小泉元総理が大きく頷かれ、「おお、大亀さんのお字でしたか!」と意を得たとばかりに喜んでいらっしゃいました。私たちが裏千家の同門で、青年部での仲間であるとお話したところ、「では皆さんが交代でここをやっていくのですね!」と、力強いエールとも取れる笑顔で一人一人の顔をぎゅっと見るのでした。そして爽やかに「はい!」と答えている和光さん!(><;(いや、まだ交代とか決まったわけじゃ・・・汗)
賞味15分でしたが、SPの方たちをガラスの向こうに残し、(SPの方々とは下川さんが終始、お話を繋いでくれました)外には人垣ができる中、ガラスの箱に入った4人の時間は貴重でした。
「感動した!」とはおっしゃらなかった(^^;代わりに、「いや~、楽しかった!」とお出になる際にわざわざ振り返って握手してくださるあたりも、根強~い小泉人気の訳を知った気がいたしました。
・・・実は、(ここで不如意を告白してよいものか迷いますが^^;)お茶室へお誘いしたにも関わらず、靴べらの用意が無いことをみな内心心配していました・・・。が、なんと小泉さんはポケットからさっと「MY靴べら」を取り出し、「ほら、持っているから大丈夫ですよ!」とニッコリされました。その瞬間は、周囲の女性人から「ほぇ~・・・」っとため息が漏れていました。
パーティーがあと2分で始まると言うのに、ガラス越しに待っていたABCの若いお料理の先生方のために、自ら記念撮影に応じ、キッチンの真ん中で椅子を動かして定位置を決める小泉さん! ごらんの通り、真後ろに立ったので、細かく波打つライオン・ヘアを間近5~6センチに拝見し、後ろから押され、僅かに触れてしまいました。(申し訳ございません、SPの方たちのご心配、如何ばかりかと・・・)

この日は、ABCのお料理の先生方にも皆さん、お茶室に入っていただき、お抹茶一服差し上げることが叶いました。箸が転げても可笑しいお年頃の可愛い先生もいらして、「クツクツ」と笑い転げていましたが、「お茶って、思っていたよりずっと面白そう~!」という最高の反応を貰いました。ドキドキしたり、ワクワクしたり、ハラハラしたり・・・今日もいろんな経験をした日でした。

六本木は、文化、経済、政治など分野を縦横無尽に行き来できる「どこでもドア」のような街!?そして茶道は人種のポータルサイト!一碗を介して、いろんな人の生き方に、瞬間、共鳴できる不思議な空間(ライブハウス)が茶室ですね。今日も、お茶を通じて、人によって心を動かすことができる「好日」なのでした。合掌。(^||^)
c0049825_1295969.jpgc0049825_130866.jpgc0049825_1302230.jpg
by soukou-suzuki | 2007-03-30 01:16 | Hikari NOW!

東京ミッドタウン 逸話1

c0049825_014331.jpg3月26日(月)六本木の防衛庁跡地にできた三井不動産の東京ミッドタウン!プレ・オープンのレセプションのお手伝いに和光さんから誘われて、会社を休んでヘルプに参加しました。気がつけば、電車の中刷りはミッドタウンの特集記事を組んだ雑誌の宣伝ばかり。HOTな渦の中に入ってパワーを吸収してこようという訳です。また、身一つで参加して、友人の手助けになったり、誰かの役に立てるのって結構、嬉しいものですよね。お役が絡まない奉仕は本当に楽しい♪
入館証を呈示して入ったのは、4階まで吹き抜けの和テーストのショッピング・モール、「ガレリア」でした。ここに出店した、ABCクッキングスタジオのスタジオ内に、ガラス張りの茶室ができたのです。エスカレーターを挟んでお向かいは、菓子司「とらや」さんです。
この日はプレス向けの日。マスコミ関係の招待客が多かったようです。夕方以降のニュースで何度もミッドタウンが報道されました。そして23:00過ぎのニュースでは智代さんが映ったみたい!上田環江先生の東京手描き友禅で染めた桜のお着物を着てきてよかったですね~。
日中は、外国人の生徒さんが、お料理教室の後で簡単な着付けと茶道体験。
c0049825_0143286.jpg夜になって、クッキングスタジオではレセプションが行われました。カクテル・パーティーとチョコ・タワー、オードヴルを並べて、人も多くなった頃、デザイナーのコシノジュンコさんが見え、私のお点前でお抹茶を差し上げる機会を得ました。c0049825_1385665.jpg小柄なコシノさんは、黒ずくめのお洋服でしたので、遠めに見ている間はかっこよく、近寄りがたい感じも受けましたが、四畳半に座られると、小柄で柔らかいシルエットに、ニコっと笑う瞬間、(私がこんな風に書くのは失礼にあたるかも知れませんが)可愛らしい表情をされるのが印象的でした。

<ガレリア風景>※「とらや」さんでは、本店からヘルプできた金内さんもいて、「縁が深いね~@@:」と驚きあいました。ミッドタウン自体、ついこないだ一緒に飲んだお店の目の前ですしね・・・。
c0049825_0255964.jpgc0049825_0261670.jpgc0049825_027084.jpg








c0049825_027231.jpgc0049825_0274837.jpgc0049825_028222.jpg








★ABCさんでは、カジュアルな茶道体験のイベントも企画中です。4月はオープニング特別価格の1回800円で、お抹茶のいただきかたのレクチャーつきの呈茶があるそうです。料理教室と違って、男性のお申込みも可能です。是非、お申込みを♪

★裏千家ではサントリー美術館で「駅前茶道教室」も始まります。最初は第六東支部が担当します。半年コースのみで、授業料に「入門」の許状もつくそうです。(淡交会会員のご紹介で、入会金の10000円が半額になりますので、紹介ご希望の方はお申し付けください)
by soukou-suzuki | 2007-03-30 00:28 | Hikari NOW!

六本木ミッドタウンから

3月30日にOPENの、注目の六本木ミッドタウン!そのプレオープンに、26日、28日とお邪魔しております。ガレリア地下1階のABCクッキング・スクールにあるガラス張りのお茶室(四畳半)にて、レセプション、呈茶のヘルプです。お向かいには「とらや」さん。なんと顔なじみのレイコちゃんも本店から駆けつけて、「とらやの水」を配っていました。詳しい様子は写真とともに明日以降に。
(風邪は完治しました)

★ブログ訪問件数が9700を越えました。え・・・・もうすぐ1万件なの!?・・・・、んー、・・・、実感湧かない。(^^;
by soukou-suzuki | 2007-03-28 01:32 | 茶味禅味俳味一味

花柳流 星柳会 舞踊会

3月25日(日)国立劇場大ホールで「初代花柳壽惠輔七回忌追善舞踊会」を見る。
頃は桜祭りの期間に入っており、本当ならば、国立劇場でも、桜の木を背景に、茶と菓子が振舞われるはずだったのですが、あいにくの雨模様。傘と花束や菓子を抱えるため、着物は断念して身軽に出かけました。病み上がりで体がギクシャクするので、これでよかったかも♪
きっかけは職場の同僚との、ある花金の食事でした。私が親子で茶道と俳句をすることが話題になったとき、初めてお母様が日舞の先生だと聞かされました。ちょうど近々、舞台があるというので、「是非拝見させて~!」と図々しくラブ・コールしたところ、願っても見なかったご招待をいただきました。

c0049825_174929.jpg全19演目、朝10時から夜字8時半まで、15分休憩以外、ノンストップです。(踊りって、見る人もパワフルなのね!)ず~っとは見ていられないので、お目当てを絞り、斎藤弥生野さんの「賤の小田巻(長唄)」を最初に拝見し、楽屋へ訪問し一緒に記念撮影しました。
c0049825_191689.jpgc0049825_194678.jpg








c0049825_1115439.jpg一度食事に出かけ、戻ってからは、
  「雪月花 (長唄)」  花柳成寿栄
  「手習子 (長唄)」  角井優華
  「松 (長唄)」     花柳慶寿賀
  「幻お七 (清元)」  花柳寿恵之輔
  「年増 (常磐津)」  花柳寿恵玉
と立て続けに鑑賞。ここで15分休憩が入り、いよい特別出演の中村翫雀、中村亀鶴を交えた、

  「積恋雪関扉 (常磐津)」花柳壽鴈
を思う存分楽しみました。初見でした。天明振りの「顔見世舞踊」だそう。ウィキペディアにもあったので読むと、六歌仙の世界を舞台に・・・とある。なるほど小町姫、良峯少将宗貞(後の遍昭)、大伴黒主と、みな歌人でした。3人の登場人物なのに、うち1名は2役(小町姫と墨染)を演じ、さらに墨染という名の傾城は、実は小町桜の木の精なもんで、3つの顔を持つ。もう1名の関守関兵衛は、実は大伴黒主なので、実質5名という計算。たった5行の解説でも、あると無いとじゃ場面展開の理解度に大きな違いが出ちゃう。
c0049825_1131786.jpg凄かった~、迫力も面白さも、息のあったところも。長唄などの「うたもの」よr、「かたりもの」というのか、「台詞」が入るのにあわせて役者が演技をするのは、吹き替えみたいでアニメ的。(人形浄瑠璃ではあたり前のことなんだけど、人だと本人が言わないのが面白い)
それにしても亀鶴さんの手は指が長くてしなやかで、ただ手刀を軽く胸の前で横へ構えただけで、私の視線をそこへ絡め取られて外せなくなってしまいました!(@@;
目だけで物を言うのは得意ですが、掌だけであそこまで語れるなんて!御簾越しに手や袖で会話も恋もした平安人はあんな手だったのかな!?

トリは、宗家の
  「北州 (清元)」   花柳壽恵輔

<雑感>
終幕となった時には、マラソンを完走したような妙な達成感を感じました。(^^;変な感想で申し訳ありません!ロビーのモニターが点いていて、人気がすでになく、舞台上での記念撮影している様や、おわると同時に、背景の金屏風を一斉にたたむ人々が現れたのが興味深く、いつまでも見ていたら、劇場の人にモニターを消されてしまいました(^^;そりゃそうでしょう。

<写真>
c0049825_1143362.jpgc0049825_114461.jpgc0049825_1145659.jpg








c0049825_1151667.jpgc0049825_1152561.jpgc0049825_1154960.jpg









c0049825_1135933.jpg歌舞伎座では拝見するものの、日舞だけをずっと見るのは初めて・・・。少し不安な私は、例によってお友達をお誘いし、なんだかんだと総勢8名で押しかけることになりました。茶友と同僚。同じ茶友でも、出会っている場所がそれぞれ違うので、初顔合わせの多い8名となりましたが、ホテル・グランドアーク半蔵門のレストランで、ゆっくりランチを取っているうちに、すっかり仲良しになってしまい、半分は渋谷で飲みなおして終電も逃したそうで、よかった、よかった!(^^)
by soukou-suzuki | 2007-03-28 01:10 | Hikari NOW!

将棋教室 「島ゼミ☆」第3回

3月吉日。新宿伊勢丹会館の桃栗にて、島朗八段を囲んで、将棋に親しみ、たしなむ会を催しました。総勢10名、過去最多。勝手な通称、「島ゼミ☆」も早、第3弾です。イベントが縁で出逢った、将棋界と茶道界。どちらも日本の伝統文化。ならばそれを担う意味では同志・・・、ということで、それ以来、お忙しい中を島さんには貴重なお休みを割いていただくようになった。
茶道界・将棋界のメンバーも徐々に融合していく素敵な予感♪ 今回は、スペシャルゲストに女流2級の坂東香菜子さんもお迎えし、淡交会からは土井先輩(青年部OBは初参加)もお迎えしました~。(ぱちぱち!) このお2人、なんと丁度互いの父と子の歳差!(^o^;(←土井さんの表情)
さらに、先日の建築デザインの懇親パーティーで偶然知り合えた、新宿OZONE関係者の石渡さんと友人の坂田さんも、「文化を担う意味で広義に同志!来て見ませんか?」ということで新メンバーにお迎えし、元からバラエティーに富んだ仲間が、相当彩りの豊かな、将棋のレベルは多種というより見事にバラバラなゼミへと歩を進めました。(いま貴方は、『歩』を「ほ」と読んだ?「ふ」と読んだ~?ふふふ。)
c0049825_2244368.jpgc0049825_22442946.jpgc0049825_2312461.jpg








乾杯、お食事、談笑と進み、机を片付けると、急に機敏な動きになる島さんと坂東さん。
三面六臂(将棋なら三面三臂で足りるか・・・)で相手する島先生と坂東先生の、少しうつむき加減な目じりは、先ほどまでの食事シーンとまた違って素敵なのでした。人間、前頭葉を使っている時って、やっぱりおでこのチャクラから何光線が出ているように見えます。(それは私が38度の熱に浮かされていたからかも知れませんが)
c0049825_22474389.jpgc0049825_224757100.jpg












見てくださいこの真剣な眼つき。(特に土井さんの寡黙さに驚嘆!佐藤さんの表情も凛・・・。なんだか普段は土井さんの方がずっと怖そうな眼鏡なのに、このときばかりは佐藤さんのフツーな感じの眼鏡の方が強そうに見える気もする・・・)
c0049825_225936.jpgc0049825_2249827.jpgc0049825_2250117.jpg









私はこの貴重な時間にひたすら鼻をかみ、盤をじぃっと見ると、駒に書かれた文字が、大きくなったい小さくなったり、顔に近づいたり離れたりして見えるのでした・・・。
c0049825_22525261.jpgc0049825_2253468.jpgc0049825_22532156.jpg







個室の空気はむん!でしたが、店主が細かい気配りで茶菓子など運んでくださり、心地よく過ごせました。(お昼の時は、小鍋の青白いガス火が、鬼火のように相次いで消え、つけてもまた消え・・・と、すき焼きに難儀するハプニングがありましたが)清潔な畳みと白木の清々した空間に、なんと長時間いさせていただいたことか!また使わせてくださいませ。
将棋連盟HP
桃栗HP

<雑感>
毎回ほとんど進歩のない鈴木です。「歩々是道場」なのに、千里の道を前に、地図を見ながらず~っと足踏みしているから・・・。
昔々に習っていたピアノのレッスンを思い出します。毎日、練習しなくっちゃと思いながらできず、練習してこなかったのが明らかな私に対して、全く怒るでも苛つくでもなく、いつも同じ調子レッスンを繰り返し、基本を諭す先生・・・。苛ついていたのはいつも自分の方だった。
師とはありがたいものです。そして今日もまた、教えのほとんどをお玄関に置いて来てしまう自分なのでした。(泣)
「相手を包囲するのに、相手の駒も使う」ことや、逆に「どけたい自分の駒は、一手使って自分で動かさすのではなく、相手に取らせてどける」ことなどを教わりました。(教わっただけ、習得はしていません!)
ふっと、徒々草の「枝もたわわになりたるが、周りを厳しく囲いたりしこそ、少しこと冷めて、この木なからましかばと覚えしか」(枝がしなるくらい見事に果実がなっているのを、家の主人が周りを厳重に囲っているのは興冷め~!いっそ「こんな木、ない方がよかった」と思っちゃった!)というくだりを思い出しました。(^^;言葉が関連するだけで、全く関係ないようでいて、物を通じて、ふと人の気持ちが見えてしまうという意味では繋がっているかもしれません。サイコですね。置いてある駒を見たけで、そこに人がいなくても「どう思っていたか」「これから何をするつもりか」が読めてしまうんだから、人の心の動き方を将棋のように学んだら、心理捜査官になれそう~。島先生も「将棋はたらればの世界」とおっしゃってました。「たられば」は大好き。でも人間界の「たられば」ばかり考えている私だわ。
by soukou-suzuki | 2007-03-27 22:46 | 茶味禅味俳味一味

回復

c0049825_284860.jpg体温は36.6度。一日で消費したポケット・ティシュは2パック・・・。風邪からはほぼ復調いたしました。週末の予定も全てこなすことができました。ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
ブログ更新やお礼メールなどが一部遅れがちになっておりますが、明日には取り返せる気がします。
今日は日本舞踊(花柳流)の公演で国立劇場(大ホール)で過ごしました。とても有意義でした。報告は追ってします。先ずは、体力回復を優先して・・・おやすみなさい。
(明日は仕事の休みをいただき、茶友のイベント手伝いで着物仕事です。今さっきまでアイロンかけ・・・って、(><;まぁ、溜めるからなんだけどね!)
by soukou-suzuki | 2007-03-26 02:07 | Hikari NOW!

陶酔の世界選手権

金曜の午後から明らかな風邪症状。まっすぐ帰宅してパブロンゴールド顆粒を飲んで寝たが、翌朝も37.8度。朝と夜だけのカコナールを飲んで、空気の中を泳ぐように出かける。
6月のイベントに向け、新宿の文化服装学院に下見にいく。新宿駅から歩くと、外気の冷たさがほてった頬に気持ちよい。鼓動が早い。動きが緩慢で、すれ違う人をよけても、鞄まで避けきれずに接触。そのたびに大きく左右へ体が傾ぐ浮遊感・・・。
一応、思考しているフリを続けるが、かなり頭はぼ~っとしている。もし人命を扱う仕事だったら、絶対にやってはいけない日。
お昼から伊勢丹会館の桃栗で会合。(様子は後日)物凄く珍しく食欲がない。相変わらず全身ほてったまま。鼻からひたすらお湯が流れ出している感じ。鼻の下が荒れて真っ赤なのが恥ずかしい・・・。
遅刻して、夕方から青山で講座へ出席。前2件の用事と違って、主体者ではないから休めばいいのだけど、今日は自分の出した課題が講評される日なので、やはり聞きたい・・・。ひたすら鼻をかみながらペンを走らせる。エッセイ2本を講評してもらい、収穫を感じる。これで今日の予定を全て満了したことになる。帰りの電車のことは何となく記憶があいまい。
c0049825_23582314.jpgふらふらと帰宅し、食事、投薬。依然、37.8度から下がらない。毛布と布団に包まれながら、それでもスケートの世界選手権女子フリーを見る。4分を越えるフリー演技を、終始一貫集中して見続けられないほど、時々意識が遠くへいく。それでも頭の中に音楽が流れ、喝采には戦慄する。液晶の画面が遠くなったり迫ってきたり、音も潮のように満ち引きする。
真央、美姫、両選手が、演技を終えて極度の緊張から解き放たれて嗚咽する姿を、はるか遠くの世界から眺めている。笑顔と、ガッツポーズに癒される。
風邪薬の効き方に波があるらしい。うなされるくらい全身が熱くなって、うめいてしまうかと思えば、急に体が軽くなって、ふわふわしながらもやけに頭だけ回転し出すときがある。今は後者。
明日も外せない用事あり。治癒力を信じて、祈りつつ眠ります。
by soukou-suzuki | 2007-03-24 23:50 | Hikari NOW!

エンペラーあんぱん

c0049825_23304249.jpg会社の近く、マイ・プラザ・ビルの地下にあるパン屋(カフェ&バーと書いてるが、パン屋でしょう)ドンクでお昼をした時の写真。真っ黒なあんぱんを売っていたので、つい購入。皮が見事なまでに真っ黒、餡もゴマ餡で真っ黒。頂上の金箔が偉く厳めしく輝いていた。「ごきげんよう♪エンペラー・あんぱん殿!」と勝手に呼んでみた。
by soukou-suzuki | 2007-03-23 23:30 | Hikari NOW!

多摩川テニス

今日も朝から2時間テニス。全員出席(6名)の日でした。
ぼ~っとしたまま朝ごはんを食べるゆとりもなく8:25に家を出て、歩いて多摩川のコートまでお散歩&ウォームアップ。途中でおにぎり1個とスープ缶を買って、歩きながらの朝ごはん。
赤白一対のこぶしの大木が今を盛りに咲いている。歩道にはマーガレット。高島屋のガーデニング。新築マンションのガラスの輝き。川風。兵庫島で釣りをする人。大きな魚が跳ねて水面を叩く音。疾走する犬。雪柳の花。・・・五感を刺激して、自分が徐々に目覚めていくの感じます。(あや!マーガレットを撮影した時はまだ寝ていたカナ?ピンぼけだ・・・)
c0049825_253089.jpgc0049825_2531769.jpgc0049825_2532669.jpg








c0049825_254441.jpgc0049825_254138.jpgc0049825_2543390.jpg








c0049825_254577.jpgc0049825_255784.jpgc0049825_2551525.jpg









新しいテニスシューズがやっと馴染んできました。ラケットは相変わらず賢一の借り物。ちょっと重いし、グリップも太いけど、まだまだそれ以前の問題!やっとファースト・サーブに回転が戻ってきました。ストロークの面は合って来たきたけれど、振り切ることはほとんどできず、当てて返しているのですぐに打ち負けてしまいます。ボレーも反応するだけで、一つもコースを見極めた決め球にはなりません。それでも、体がイメージ通りに動く瞬間が、ぽつ、ぽつと出てきました。と、同時に、反射的に勝手に動く瞬間も出てきて、今日は高いボールについ飛びつき、着地時に右膝を傷めそうになりました!(><;ひゃ~、何やってるの。健康と社交のためのテニス。夢中になって怪我してどうするの?どうも、プレーに集中するために気持ちを高めてアドレナリンを出すと、すぐに野生に戻ってしまう・・・。いかん、いかん。昔に戻るための練習じゃないのだから!
揚げひばりが、甲高い声で鳴いていました。空が蒼~い。
c0049825_2561436.jpgc0049825_2562352.jpgc0049825_2563088.jpg
by soukou-suzuki | 2007-03-22 02:56 | Hikari NOW!