<   2007年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧

霞ヶ関ビルで穴子丼

仕事で外出。お昼に穴子丼をいただきました。煮穴子と穴子天麩羅の2種盛り。「うみゃっ♪」この味とともに、忘れ得ぬ日になったかも・・・。222並びの、「大当たり」の日。金毘羅さまのおわす、琴平ビルに立ち寄ったのも縁起の良い日でした♪今年も私の周囲に、たくさんの大当たりが出ますように、・・・柏手を打つ気持ちよさ。
c0049825_3531249.jpgc0049825_3531976.jpgc0049825_353283.jpg








★日本料理「きくみ」
TEL:03-3581-7051
千代田区霞ヶ関3丁目霞ヶ関ビル1階
昼は定食、夜は一品料理から懐石まで。(季節限定、下関ふぐ料理も可)
by soukou-suzuki | 2007-02-28 03:56 | THE 暖簾(のれん)!

OAZO イタリアン「アマルフィイ モデルナ」

また友達が遠方からやってきました。日帰り出張で京都からきた藤平氏。仕事が終わってから、帰りの新幹線までの2時間弱を、東京駅至近のOAZOビルにて、ご飯ご一緒しました。
藤平氏は茶友。青年部の縁で、昨年秋には京都のご自宅(素敵な町家)へお招きいただきました。(そのときの記事はココ)むつみちゃんのタイ風グリーン・カレーは、忘れじの味、絶品でした(^^)ノ”
c0049825_3391939.jpgc0049825_339283.jpgc0049825_3394557.jpg








貴重な2時間を独占したお礼に、「遅ればせバレンタイン」を持参。OAZO1階のマルク・デュバイヨル製。ただし相手は立派な世帯主・・・、そしてもうすぐ(5月7日予定)、『一児の父親』に~っ!おめでとう~!(^^)v
なぜ2人で逢うかって?2人とも、物凄いよく喋るので、最低2人、最高2人でないと、喋る順番が待ちきれないのです(><; カラオケ狂と同じですね!その代わり、2時間の食事の間に、充分満足な情報交換が叶いました♪う~ん、出張者とタッチ・アンド・ゴーででも逢えるのは、丸の内勤務のメリットの1つですね!遠くの友へ・・・、東京へお越しの際はご連絡を♪
c0049825_3445051.jpgc0049825_3313954.jpgc0049825_3314687.jpg








★湘南鎌倉で1971年創業のレストラン。以下はHPからの抜粋。
<世界遺産にも登録された南イタリア・アマルフィイに似た鎌倉七里ヶ浜に面した趣のある建物。青い海を映した大きな空の中の鏡。太陽と月と海と過ごすオープンテラス。左に逗子・葉山、右に江ノ島・富士山と雄大な眺めが堪能できます。>だそうで、そちらも機会があれば・・・。

★OAZOのお店「アマルフィイ モデルナ
電話:03-5223-8331  URL:http://www.be-value.co.jp/index.htm
Open:月~金11:00~23:00(LO ランチ14:30 ディナー22:00) / 土日祝11:00~23:00(LO ランチ15:00 ディナー21:00 ※土曜のみディナーLO22:00まで)
ディナー Aコース  3,800円(税込)~
(前菜、パスタ、お魚 または お肉料理、デザート、パン、コーヒー)
by soukou-suzuki | 2007-02-28 03:44 | THE 暖簾(のれん)!

散歩マニア 横浜点景

写真で綴る横浜散歩へようこそ。ちょっと一緒に歩きませんか?昔話でもしながら・・・。

私が横浜を好きなのは、体に優しい美味しさがあるから・・・?
c0049825_1232147.jpgc0049825_1234089.jpgc0049825_1234934.jpg








香港やシンガポールやニューヨークにある、洗練された折衷空間が身近だから・・・?
c0049825_124538.jpgc0049825_1241750.jpgc0049825_1242931.jpg








大好きなアジアの純情を味わえるから・・・?
c0049825_125431.jpgc0049825_1271271.jpgc0049825_1255051.jpg








ノスタルジックな気分を味わえるから・・・?
c0049825_1281356.jpgc0049825_1282314.jpgc0049825_1283257.jpg








街が、記憶に残ろうとして随所まで思わせぶりだから・・・?
c0049825_1292625.jpgc0049825_1293547.jpgc0049825_1294396.jpg








あ、み~んな学生時代に、一度はデートしているからかもね(^^)
c0049825_130383.jpgc0049825_1311965.jpgc0049825_1313484.jpg
by soukou-suzuki | 2007-02-26 01:26 | 散歩マニア

IT委員会(^^)

役員会も解散した後、智代さん富士江さんと3人で都立大へ移動。さらに青年部のIT部会作業へ突入する(^^;元気やな~。(と言うか、また出直すのがしんどいこの頃)
あやっ!ちゃんとお雛様が飾ってあった!(素晴らしい心がけ♪)
c0049825_163079.jpgc0049825_164866.jpgc0049825_17018.jpg








富士江邸(「亭」でしょ、やっぱ)で、ML設定の更新作業などを済ます・・・か、済まさないうちに(><;、「おとり寄せの梅酒」とやらが運ばれてきて、さらに「特別美味しいシェリーを入荷したの♪」とかで、小さなグラスが運ばれてきた(^^;あ~もう、だめ。ただじゃ仕事しない身になってしまった。
c0049825_175124.jpgすっかりいい気分。長い長い一日だったけど、嫌なことが一つもない日でした。好日。
富士江さんのお父さんのご遺影を拝し、たっくさんお線香を上げた跡のある灰に、もう1本だけ私のお線香を追加させていただきながら、「富士江さんが今年、むにゃむにゃ・・・・で、ありますように!(^^)v」と、手を合わせました♪(私とお父様との秘密^^)

c0049825_1155468.jpgそういえば、この日って東京シティ・マラソンの日だったのね。荒れた天気の中、完走した方々お疲れ様でした!(職場でも何人か参加してました)でも、私もマラソンみたいな日だったわ(><; それなりに給水スポットは多かったけど、帯を締めてから解くまで、タイムは14時間でしたもの。
by soukou-suzuki | 2007-02-26 01:08 | Hikari NOW!

旧暦、元旦の日に。

c0049825_0511787.jpg2月18日(日)。この日は旧暦の元旦でした。その新年の日に、今年の青年部行事の一回目があたるのは、ちょっと清々しさが増して得した気持ちです(^^)v
その日、朝のうちは、もの凄い雨降りでしたが、(そのお陰で会場まで送ってもらえましたし)午後からは眩しい陽が射す、キラキラした日でした。天候が荒れたにも拘わらず、申込者全員が出席しました。私は今まで、「雨のバス停で人を待つ」なんていう類の「侘び寂び」が無い人生だったので、なんだかこういうのも良いな~・・・なんて、朝からしみじみしちゃいました。バスの窓に、目当ての横顔を見つけた時のトキメキったら、独特なんですよ、これが!(^_^)

総勢25名に、新部長の冬野さんも駆けつけ、みんなで逢えた、それだけでも「好い日」でした。
今年初めての行事は、行事担当のKさんIさんにとっても初企画。そうは思えないスムースな運営と段取りでしたが、冬野部長の謙虚で初々しいご挨拶とともに、記念すべき「初もの尽くし」な一日でした。
c0049825_0523645.jpgc0049825_0525551.jpgc0049825_053982.jpg









行事の企画内容は、星岡料理教室で井関先生による「お茶の歴史」の勉強会。探究心と独自の視点を常にお持ちの先生の話は、茶歴が浅いと難しいところも多々ありますが、とにかくとっても刺激的!です。階段教室の椅子は、私のお尻にはちょっと狭くて、帯が邪魔するのも手伝って背中が筋肉痛になりましたが、お話は澱みなく面白くて、講義の間は気にならず、あっという間の時間でした。お昼のお弁当は一献つき。床の間の青竹に入れた花は、「黒椿」と「おもいのまま」。目に鮮やかな紅白の椿でした。
c0049825_054328.jpgc0049825_0541827.jpgc0049825_054307.jpg









c0049825_0559100.jpg井関先生が独自に調べて作られた茶道年表などのレジュメは、しっかりファイルして今後も折につけて参照させていただこうと思っています♪
行事終了後は中野に出て、サンプラザの地下で役員会でした。
★次回の行事が4月8日(日)、鎌倉での坐禅会に決まりました。会員以外も、「プチ出家(←Iさん命名)」、是非ご一緒しましょう。この日はお釈迦様のお誕生日、「花祭り」の日ですね。最近の白雲は暦を上手に楽しんでおります♪
(俳人としては、たくさんの句材提供をいただいている訳ですが、そのわりに作句が進んでいません(T_T)。でもまたご縁って不思議ですよね・・・井関先生から俳句の会のお誘いをいただくなんて!スポットでお仲間に加えていただける幸運を得ました。今から楽しみです。)
by soukou-suzuki | 2007-02-26 00:55 | Hikari NOW!

オリジナルブログ立ち上げました

c0049825_781691.jpg松浦靖子のブログ
このブログからのリンク(右欄外のメニュー、「マイブログ」から)もしています。
まだ準備中ですが、訪れた方は、是非コメントしてください♪(写真はPrisの蚤の市にて)
<ブログへのコメントの仕方>
記事の右下にある「comment」という文字をクリック
→表示された入力フィールドにコメントを入力
→送信
(パスワードは何でも結構です、使い捨てでも可能)
by soukou-suzuki | 2007-02-24 07:05 | 母のこと

安田浩人氏の個展にて

茶事の帰り、滑り込みで粟田焼の展示会をしている市ヶ尾のお道具屋さんへ。雨が降り出し、タクシー乗り場で待つも、なかなか空車が来ない・・・。閉店時間を過ぎてしまったが、メールを送り、閉店を延ばして待っていただく。
日が暮れて、すっかり暗くなった急坂を登りながら、母、「こんな方まで来た事ないわ~」と。明りの灯るお道具屋さんに到着したとたん、母、「わたしここへ来た事あったわ!!」と・・・。(--; お好きにどうぞぉ。
安田浩人氏の関連記事はこちら →粟田焼HP
ブログの以前の記事はこちら   →工房へお邪魔した様子              

c0049825_6302433.jpgc0049825_6305485.jpgc0049825_631771.jpg








c0049825_6334874.jpgc0049825_6313946.jpgc0049825_634587.jpg








羊羹にお抹茶までいただき、けっこうゆっくりとお作品も拝見。丁寧に説明を加えていただき、由美子ちゃんが「弓張り月」の「うさぎの餅つき」の絵の茶碗を、今日の茶名記念にとお買い上げ!「ゆみ」つながりで、「うさぎ」歳の由美子ちゃん・・・もとい、宗由さんは「これ、私の!」と出会えたのですね。11月のお披露目のお茶会、初めてのお道具組み、席主としてのお話、頑張ってね。(^^)ノ”
★ついでに宣伝:次回の松浦社中の茶会です。11月17日(土)明治神宮、隔雲亭(かくうんてい)にて、坂本宗由さん、金子宗範さんの茶名お披露目の一席を含む、二席+点心で茶会をいたします。是非、みなさまご予定を空けておいてくださいませ。・・・よろしくです♪
安田さんと一緒に。
c0049825_6374512.jpgc0049825_6375656.jpg
by soukou-suzuki | 2007-02-24 06:32 | Hikari NOW!

引継の茶事

c0049825_5472412.jpg2月17日(土)、晴れ後、夕方から雨。
お社中(お稽古場が一緒の)お仲間が茶名をとり、引継ぎの茶事がありました。茶事の間はしっかり天気がもったのはサスガ松浦社中。
日取りが決まった当初は、私は後見のお役のつもりで、自分の時を思い出しながら味わい深く過ごそうと、ずっと楽しみにしていました。が、大変!先生の膝の調子を理由に、少し前から私が代わって点前をさせていただくことになり・・・。(うう、自分がしていただいた時には、しみじみとよかっただけに、自分のお点前でこの日を台無しになったらどうしよう~)久しぶりに落ち着かない、おトイレの近くなる日々。(T_T)

c0049825_557436.jpgしかしせっかくのありがたいお話・・・、苦手意識は捨て、先生もお稽古つけてくださったのだし、もうあとは無心で、清らかなお茶をひたすら・・・と、点前座に座った途端、突如、『ぐぁががががががぁ~っ!』と、外で猛烈な工事の音が!見事に平常心は掻き乱れ、頭の中、真っ白になってしまいました!(><;
出だし動揺しましたが、少しづつ真の闇にも目が慣れ、羽しらべする(羽箒を指でしごく)度に、自分の背中もなでてもらったような気になり、服紗を捌く度に襟元を調えてもらっているような気がして、少しずつ落ち着きを取り戻しました。もっとも、「平常心なら完璧」という訳ではないので、デキは悪く、日頃の精進の足りなさを「ばばん!」とお披露目したことは否めません。結果的に自分の修練にしてしまって大変申し訳ない気持ちです!
c0049825_5531432.jpgc0049825_5485084.jpgc0049825_5485930.jpg

この席で初めて自分たちの「茶名」を見る3人。どきどきの瞬間。後見の口上とそれぞれの挨拶。お一人は、この茶名を携えて、3月に奈良へお嫁に行ってしまいます。「自分に茶名は早いと思っていましたが、茶人として帰ってくる場所が欲しくて、先生からお茶名をいただこうと心を決めました」披露宴よりぼろぼろに泣けました。後の2人は10代だった頃を知っているので、暗い小間の中で、時空がよじれて、十数年間が走馬灯となり、目の前の空間も涙でねじれました。時が満ちて、この3人の中に、細かいたくさんのものが積もったんだ。今それをみんなで確かめ合っている・・・その空間に一緒に居られることの価値は、ちょっとまだ旨く言葉になりません。(><;「嬉しい」という字ではちょっと違う気がする「うれしさ」なのでした。
c0049825_5534682.jpgc0049825_5542851.jpgc0049825_554594.jpg

c0049825_555111.jpgc0049825_5552015.jpgc0049825_5554170.jpg

後座では雰囲気を変え和気藹々と楽しみ、私も相伴させていただき、時間があっという間に過ぎていました。(やっとスナップショット可能に)
ちょうどこの3人が入門してから今日までの時間と同じように・・・いや、自分が入門してから今日にいたるまでのように、かしら。(^^)宗由さん、宗範さん、宗秋さん、おめでとうござます。末永く同門としてお付き合いのほど、宜しくお願いします。
c0049825_559454.jpgc0049825_5591753.jpgc0049825_5592750.jpg


<茶事への追想>
c0049825_665490.jpgもう15年前のことですが、私が初めて茶事の亭主役をした日の夜、父が突然亡くなりました。心不全で、それはたった7分のできごとでした。おめでたいお席のことを書く日になんですが、茶事の度に、私はどうしてもそのことを思い出してしまいます。(初めて告白)
というのも、「今日という日は他にない、今は今しか味わえない・・・」そのことを最大限に演出する茶事の日に、そう体感した初めての日に、本当のさようならが待っていたなんて・・・どういう巡り会わせだっただろうと考えてしまうのです。父の出来事までが、まるで茶事の一部だったかのように、一続きの流れの中で起きたので、それからの数ヶ月は、毎日、「もう少し早くに気づいていく人生になりたい」と心から思って過ごしました。私も、あの頃よりは、毎日をいとおしんで生きていますし、後悔を残さない生き方になったと思います。でも、依然、気づきの遅い人間です。もっと油断無く、気づかなくてはならないのに・・・いろんなことに。
c0049825_67175.jpgだからでしょうか?茶事の日には、ことさらに「自分が花開く」ことよりも、「花を見て感じ入る」ことを大事に思えます。「感動する」ことよりも、「人の心の動きに、自分も感じ入る」ことを主眼にしようと思えます。そう思うと、日々は、私の周囲は、見るべきもの、感じるべきもので、既に充分に満たされていることに気づきます。自分のめぐり合わせがよいことだけが幸せじゃないんだ、人の幸せを、自分のものとして感じても良いのだ。そう思うと、いろんな焦りから開放されます。父は、あの日、茶事の席にいませんでしたが、母と私からにじみ出る茶事の余韻を、しみじみ味わっていたように思えてならないのです。
by soukou-suzuki | 2007-02-24 05:51 | Hikari NOW!

友の遠方より来るあり・・・

c0049825_4445554.jpgブロックの会議の後、ちょっとアフター。「ちょっと・・・」と言うのは、閉店時間に追い出されることを言う。(写真は閉店後に合流し、立ったまま空腹を満たす某幹事長)
飲みきれなかったワインをボトルで持ち帰る。というか、持って次の飲み会へタクシーを飛ばす・・・。牛込柳町から渋谷へ。節操が無いって?仕方ないんです、遠くからお友達が来ているのです。(><;この日しか逢えないのです。

友が遠方から来ちゃって、またまた楽しからずや!
友達は遠くにいる人ほど、優先度を上げないと、縁が繋がらないでしょう?
この日のゲストは粟田焼き作家のH.Y氏。神奈川で個展を開催(2/16~2/19)するため上京。酔っ払い状態なので固有名詞、避けました(^^;押して知るべし。ちゃんとタクシーで帰宅。
c0049825_4473429.jpgc0049825_4474536.jpgc0049825_448425.jpg
by soukou-suzuki | 2007-02-24 04:45 | Hikari NOW!

タイ料理 SIAM(シャム)

c0049825_4313392.jpgランチの定番。オフィスから仲通りを真直ぐ日比谷まで歩き、アジアの匂いの雑居ビル10階へと、狭いエレベータに乗って息を殺す・・・。動いているのを何度も確かめてしまう、生気の無いエレベータだ。私の定番、ヤキソバ。甘辛い味付けが時々無性に食べたくなる。スープ、サラダ、デザート(タピオカ)、コーヒーのセットで850円。早い・安い・旨い・・・私の心の吉野家。グリーン・カレーやレッド・カレー、たけのこの炒め物もおいしい。
ランチの定食は10種類以上あるので連日もOK!コーヒーは時々、物凄く薄いこともある。食後のほうじ茶感覚で飲めば慣れる。

タイ国料理 SIAM(シャム)
100-0006 東京都千代田区有楽町1-6-1 第二日比谷ビル10F
JR有楽町駅 徒歩3分 地下鉄日比谷駅 徒歩1分 
月~金 11:30~23:00 
土・日・祝 11:30~23:00 
ランチ 月~金 11:30~15:00 
by soukou-suzuki | 2007-02-24 04:31 | THE 暖簾(のれん)!