ウィーン・オペレッタ!

新年、7日の仕事始めの日のことでした。仕事始めを無事に終え、東京オペラシティ・コンサートホールへ♪フォルクス・オーパ!のニューイヤー・コンサートです。
オペレッタ仲間と一緒に、歌と踊りと、最後は「ラデツキー行進曲」(新年といえばコレ!タララ・タララ・タララッタッタ♪と会場中で手拍子するアレです^^)ベルベット素材の目立つ場内。ラメやスパンコールや大き目のアクセサリーが、シックな木製の場内とあいまって、上品な「ハレ」を現しています。ウィーンの文化は、洗練された東京に調和します。海外旅行をしている気分でした。
c0049825_23103931.jpgc0049825_23104999.jpgc0049825_23105844.jpg








休憩のひとときも憩いました。真ん中は歌姫、ソプラノ歌手の清水純さん11月23日のコンサートでは会場を一つにしてくれ、かけがえのない時間を私たちにプレゼントしてくれました。この日は・・・可愛くハーゲンダッツを召し上がっていました。(^^)本当チャーミングな歌姫です。
c0049825_23111721.jpgc0049825_23113163.jpgc0049825_23114263.jpg








下はオペレッタ協会理事長(芸術監督)寺崎ご夫妻。近年、親戚のように可愛がってくださいます。ご夫人のお陰で、毎月本多財団の講演会・交流会にも出席させていただいています。一流の方たちに多く接することで、気付きの遅い自分を少しで成長させたい。偉人に共通する自然な謙虚さ、ひたむきさ、そして無邪気さ!日本オペレッタの巨匠のこの笑顔を見てください♪魂が6歳児のようにキラキラです。
真ん中は事務局長ご夫妻。なんと、まぁ、奥さんと似ていること!ご兄弟のような似たもの仲良しカップルです。事務局長もいつになく満面の笑み(^^)ウィーンで囁きあってくださいませ。音楽と笑顔は人を幸せにします。
悩んでいても、ワルツを聞いていると・・・あらやだ、自然にリズミカルに悩んでいる。そして変調するあたりで、ポン!と一つ思考が飛びぬけて、そこからはスパイラルアップして気持ちも浮上していくのを感じます。きてよかった!あ~あ、賢ちゃん、誘ったのにこなくて残念。絶対音楽が身に沁みている人だから、来たらワルツにはまっていたのに・・・。ま、いいものを求める気持ちがあれば、人には常にチャンスがまたあるでしょう。
c0049825_23115684.jpgc0049825_23121216.jpgc0049825_23125374.jpg
by soukou-suzuki | 2008-01-30 23:23 | ザッツ★エンターテイメント!
<< ほんの少しだけ。 新春句会 >>