日帰り帰省 西尾ドライブ

c0049825_0425788.jpg(←インターの花壇の花) ある日曜日
新車を見せに(?)久しぶりに西尾(愛知県西尾市)へ帰省ドライブした。「親の顔をしっかり見る日」ということで、朝6時に家を出て、ウチの母も便乗して東名高速をドライブ。VOLVOのauto cruise を使って足を使わない高速運転を試す。便利だけど、強く惜しすぎてホーンまで鳴っちゃった!(><;音が大きくて自分がビックリ!「誰?何なの?」と周囲の車を睨んだけれど、いや、前後の車はもっと驚るいていたはず・・・。
雨はパラパラ降ったり、やんだり。ウィンカー、ワイパーの左右逆転も、何度か繰り返す動かすうちに徐々に慣れてきた。(^ー^;
無事到着。ああ、やっぱりこっち(西尾)は空が広~い。口切の後に見る冬の茶畑。「来年も美味しいお茶になぁれ!」と合掌する。田んぼにはひこばえの中に「藁ぼっち」が整列していて、「不思議の国のアリス」の世界♪この人(藁ぼっち)たち、そのうち絶対に歩き出すに違いない・・・そういう気配。o(^o^)o
c0049825_0413040.jpgc0049825_042352.jpgc0049825_0421525.jpg







早速、いつもの「新の家」という鰻屋さんへ。今日は全員で禁を犯して、愛知の濃い味鰻を堪能♪もう何年ぶりかの家族集合写真を撮った。親子の2台の車に行きと帰りで違うメンツで分乗して、この瞬間しかない取り合わせの密談が行われる。(^ー^;取り合わせで、お喋りはこんなにも変わって来るから面白い。
c0049825_0442127.jpgc0049825_044378.jpgc0049825_0444795.jpg








c0049825_0452321.jpgc0049825_0453535.jpgc0049825_0454653.jpg









c0049825_0521874.jpgお家に戻ってちゃぶ台の蜜柑を囲んで取り留めの無いお喋りに花を咲かせる。お母さんがここ数年、作り溜めた「和風アップリケ」の作品を広げ、「風炉先屏風にどうかな?」「あの着物生地を使ってみては・・・?」などなど、何か家族でコラボレーションできないかしら、と人生の楽しみを広げあう時間。





c0049825_0525159.jpgc0049825_053159.jpgc0049825_0532966.jpg









c0049825_0561180.jpgc0049825_0562198.jpgc0049825_0563227.jpg










お父さんの冗談はここ数年、格段に冴えてきている。毎朝の2時間の散歩と大好きなゴルフで鍛えた体は元気そう。そんなお気に入りのライフスタイルのせいかしら?でも、なんと言っても、警察へのお勤めを終えて、重責からの開放が大きいのではないかしら。次々と冗談を繰り出す「面白いお父さん」に、口をポカンとあけて驚く実の息子・・・。久しぶりに会うと、子も親の変化に気付くものですね。

c0049825_0591157.jpg妹、恵子ちゃんは時々東京へも遊びに来るけど、愛猫は連れて来れないから久々の対面~。器量よしでしょう?(どっちも^ー^)c0049825_173632.jpgええっと、どれくらい似ているか兄弟、並べちゃおうかな。ありゃ、よく似ている・・・。「お父さん系お母さん」と「お母さん系お父さん」の違いです。



恵子ちゃんが焼いたパン、恵子ちゃんが焼いたシフォンケーキ、恵子ちゃんのお友達がくれた無花果(いちじく)、・・・恵子ちゃんってどれも美味しそう~。ん?
c0049825_101356.jpgc0049825_103323.jpgc0049825_125184.jpg








c0049825_14412.jpgc0049825_143022.jpgc0049825_151882.jpg








持っていったのは重量級のお土産でした。お父さんがこよなく愛する「虎屋の羊羹」、今年のボジョレー・ヌーボー2種。やっぱり愛知のお土産は「重く」ないとね(^^;
しかし、さすが本番の愛知にはかなわない!!帰りの、お土産の物凄い重量!!
畑で取れた菊芋、生のと味噌に漬けたの、抜きたて大根、冬瓜、南瓜、銀杏、無花果、味噌煮込みうどんときしめん、銘菓「西尾」(抹茶クリーム入り)・・・・。
c0049825_111129.jpgc0049825_1111828.jpgc0049825_1113131.jpgc0049825_1114618.jpg







c0049825_1152949.jpg持ちきれない程のお土産とはこのこと。はい、こういう時には何と言うのだっけ?
『わ~い!鬼ヶ島に来たみたい~っ(^ー^)v』
↑結婚して初めての帰省時に、本当に私が口走った言葉。
『お、鬼かね?(*_*;』・・・と、お母さん。風とともに去りぬあの日・・・。

★★★★☆
日本料理新の家 0563-52-2103 愛知県西尾市駒場町東山93-6
日本料理新の家 休日連絡先 0563-52-2380 愛知県西尾市駒場町五反田108-1
by soukou-suzuki | 2006-11-22 00:46 | かわいい妻には旅をさせろ
<< ルソーの見た夢、ルソーに見る夢 新・編集委員会 >>