精進料理 醍醐

術後三年検診を無事通過し、靖国へお礼参り。
待ち遠しかった節目の日に、感謝の食事会を晩餐で…と、いままで知る中で一番穏やかな外食を選びました。

今年はもうすっかり秋の風情の8月26日。
愛宕グリーンヒルズの、精進料理、醍醐さんへ。
昨年末に奥山君からご縁を頂いて以来、ここへ来るなら吉森と…茶事懐石の参考や勉強をかねて、と機会を待っていました。

当日の電話に、快くもてなしをご用意くださり、鈴木基一の秋草の絵がかかる「わかな」の間で、二時間ゆっくり、自然と人の手間隙の結晶のような、優しく美しいお料理に、顔をほころばせながら会話しました。

野村さん、丁寧に絵や店のことをお話くださり、女将さんの気遣いに、一宿をお借りしたようななごみ、やすらぎました。


c0049825_01435378.jpg


c0049825_01435723.jpg


c0049825_01435921.jpg


c0049825_01440277.jpg


c0049825_01440724.jpg


c0049825_01441022.jpg


c0049825_01441379.jpg


c0049825_01441785.jpg


c0049825_01441982.jpg


c0049825_01442185.jpg



このあと、冷製のお汁粉も。(*´-`)
私はどんどん元気になりましたが、ここでスマホは電池切れました。(笑)
自分たちだけバッテリーチャージしてごめんね、スマホ君。(^_^;)

お腹はすっかり丸くなりましたが、もたれたりだるくなったりせず。
帰りは境内を通って、しっとり湿気を帯びた東京タワーを夜空に滲ませながら、若旦那の話に聞き入る。
見えなくなるまで見送られ…また茶心に火がつきました。(*´-`)


雨上がりの芝公園から、虎ノ門、溜池、赤坂、紀尾井町を経て、麹町までゆっくりと、会話の続きを楽しみながら歩いて帰りました。

今日あることに感謝を。
自然と、自然を手本とする人に囲まれ、生かされている日々。

三年の早さ、重さ、温かさを思いながら眠りました。(^人^)
by soukou-suzuki | 2015-08-28 01:16 | 私のお気に入り
<< ブロックホームページ♪ 2015六閑斎忌 >>